【ガチで比べてみました】ビタCセラム goodal VS nature republic どっちがいいの?

愛用しているgootalのビタCセラムですが、最近、会社員AちゃんNature republic推しへの突如の方針変換に戸惑った視聴者の方も多いのでは?


果たしてどっちが本当にいいのか、両方ラインで使って比べてみました。
ちなみに、私は敏感肌ではないのでどちらも全く刺激を感じません。
※あくまでも、個人の感想になります。

goodalとNature republicどっちがいい?

では、さっそく2つの商品を比べてみましょう~
どちらもポイントは済州島の柑橘

goodal→済州島の青みかん
Nature republic→済州島のグリーンレモン

何が違うのか… 去年、たまたまクルーズ旅行で済州島に行ってきましたが、済州島は確かにみかん栽培で有名みたいです。

観光地には必ずミカンジュースの屋台がありました。 日本の沖縄みたいな感じで、自然が豊かでスローな生活とイメージがとてもいいようです。
韓国コスメは何かっていうと済州島のナントカ(みかん、レモン、火山、湧き水、etc…)を売りにしている気がします。

トナーを比べてみました

まず、こちらがgoodalのトナーパッド


容器の中にトナーをたっぷり含んだパッドが入っています。
スベスベの面で拭き取り、エンボス加工してある面でトナー機能と一挙両得。
もうちょっと保湿したいなという時は、このパッドを顔にのせておけば、コットンパックもできちゃいます。
私はgoodalのパッドがすごくお気に入りなんですけど、それは拭き取り、保湿ができるのと同時に、お化粧で失敗した時やメイク直しの時にもこのパッドが大活躍なんです。
お化粧していてちょっとはみ出しちゃったという時ありますよね?
そんな時、このパッドを折りたたんでチョンチョンと叩くとキレイに取れることが多いんです。
なので、ぶきっちょな私はこれが手放せないです。 会社の化粧室にも1箱置いています(笑)

Nature republicのトナー


トナーとパッドがセットになっていて、トナーパッドの容器に自分でトナーを入れればトナーをたっぷり含んだgoodal風パッドの出来上がりって感じです。 私もやってみましたが、トナーのボトルの1/4も入れれば十分パッドがひたひたになります。 あまり多く入れすぎると、パッドが吸収しきれず、1枚取り出す度にトナーがポタポタ垂れる事態に… なので、入れすぎ注意です!  

余ったトナーは私はこんな風に使いました。

市販のコインパックを買ってきて、小さなトレーにコインパックとトナーを入れて5分。
簡単なシートマスクの出来上がり。
トナーで全体を拭き取りした後に、セラムを顔全体に、その後シートマスクで蓋をして3分くらい。 セラムも浸透するし、保湿効果も感じられます。
先日、プロのメイクさんとお話しした時に夏の化粧崩れを防ぐコツを聞いたのですが、やはり朝のお手入れの保湿がカギらしいです。
メイクさんからもコットンパックをお勧めされました。
Nature republicのトナーはコスパがすごくいいので、ジャブジャブ使っても気にならない。 ちなみにこの2つのパッドでどれくらい拭き取り効果に違いがあるのだろうと思って比べてみました。

汚写真があるので注意してくださいね。
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓
                       ↓


こんなに違いました。メイクもきれいに拭き取れるハズです。
結論、機能性を求めるならgoodalがおススメ コスパはNature republicの方が上かも。
私は今使っているNature republicのトナーはリピート買いしないかな~。
goodalのパッドは朝のお手入れに便利すぎるので、今後も使い続けるつもりです。

セラムを比べてみました

 

 


どちらもお値段は2000円前後なんですが、goodalは30ml Nature republicは45mlと量はNature republicの方がたっぷり。
やはりコスパはNature republicの方が優れています。
テクスチャはNature republicの方がサラッとしていて、goodalは少しトロっとした感じです。
効果は何とも言えないのですが、goodalは使い始めて2週間後くらいにトーンが明るくなった実感がありました。
その後は目に見えてすごく変化を感じるということはないですが、最初のトーンアップがあまりに劇的だったので、使い続けているんです。
今回、比較するためにNature republicを使ってみて劇的な変化というのは正直感じられませんでした。
ただこれはだけではgoodalの方が優れているとは言えないです。
今まで、まともにダークスポットケアをしていなかった、いわばマイナス1の時点で私はgoodalを使ったわけで、 マイナス1から0にリセットするのと、0をプラス1に押し上げるのでは必要なパワーが違うと思うのです。
なので、私個人の体験から、このどちらがいいとは正直何とも言えないです。
ただ、個人的には先発商品を開発することがどれだけ大変か仕事で(ジャンルは違いますが)痛烈に感じているので、 先発で画期的な商品を世に送り出したgoodalを個人的には応援したいかな。

クリームを比べてみました

クリームはNature republicの方がテクスチャが軽くてワセリンのようなテクスチャです。

一方のgoodalはかなりしっかりめ。 goodalのクリームが私には重すぎて、クリームをセラムで割ってテクスチャを軽くしてから使っています。
どちらも保湿効果はきちんとありますが、Nature republicの方がその後のしっとり感が続く気がします。

というわけで、クリームに関してはNature republicに軍配! ですが、たぶん今使っているクリームを使い終わったら、次はビタC系ではない普通の水分クリームを使うと思います。
独断と偏見で2社のラインを比較してみました。 どちらを使うか迷ってらっしゃる方の参考になればうれしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。