10ヶ月ベビーと行くグアム旅行DAY5 最終日 ~クラックドエッグ Avenue Steak & Lobster~

朝起きたら、雨の音がハッキリと聞こえるくらいの雨天。
朝ごはんが何もなかったので、雨ニモマケズ、ホテルの傘をさしてクラックドエッグまで歩きました。
dsc_3937
この飾りがかわいくてトキメキ

朝は、ミリタリーの方が何名か朝食にいらしてました。
フランス人は朝は甘いものしか食べないので、旅先での朝ご飯は色々と気を使います。(特に、日本国内で)
今回は、隣に座っていた軍人さんと同じものをオーダー。
dsc_3941
フレンチトーストセット。
卵と肉類は選べます。卵はスクランブル、目玉焼き、ゆで卵(←うろ覚え)とかから選べて、肉類はハム、ベーコン、スパム等から選べます。
dsc_3939
こちらは娘の朝ご飯。前日にペイレススーパーマーケットで買っておきました。
アメリカのベビーフードはパッケージがかわいいですよね。
これはオーガニックのバナナ、ブルーベリーのペースト。
娘は気に入ってバクバク食べていました。
アメリカのベビーフードはデザインはカワイイんですけど、中身に何が入っているのかわからないものもあって、選ぶのにかなり悩みました。
img_8767
ようやく雨も上がりました。
まだスッキリとまではいかないですね。
スーツケースを準備している間に天気がずいぶん回復したので、ビーチにお散歩
img_8738
砂の上でもケロッとしてました。
img_8727
今回の旅行でようやくまともに撮れた家族写真。

ホテルをチェックアウトして、お迎えの時間までまだ余裕があるのでランチ。
TGIフライデーズに行こうとしたら「日本にもお店がある店は行きたくない」というので、もう面倒になってホテルのフロントからそのままいけるAvenue Steak & Lobsterにしました。
いつも、フロントにお店のボードをもったお兄さんがたっていて「いかがですか〜」って呼び込みしてるので、期待しないで行ったらこれが大当たり。おいしかったです。
dsc_3943
ステーキもおいしかったけど、ポテトが普通のフライドポテトじゃなくてザクザクするフライドポテトでした。これが、感激もの。
dsc_3945
夫が頼んだサラダもおいしかったそうです。
期待値が低かったからか、余計に感動してしまいました。
お客さんが少なく、レストランの雰囲気もゴージャスでなかなか良かったです。
dsc_3947
デザートは日本からなくなってしまったハーゲンダッツカフェへ。
本当はパフェとか食べたかったんだけど、お腹がいっぱいで断念。
メニューはとても豊富で、コーンやカップで普通にアイスを買うことはもちろんですが、シェイク類やサンデー的なデザート、カットフルーツにアイスクリーム、シャーベットをのせられるものもあります。
次は絶対フルーツサンデーを食べるぞ!
dsc_0126
空港では手荷物検査に長蛇の列。
1人1人カプセルみたいなのに入って、全身スキャンのようなものをしてました。
赤ちゃん連れはだからか、私たちは個別で呼ばれてボディーチェックでした。
ってことは、全身スキャンって、けっこうアブナイのかしら?
出国の時は、イミグレなかったですね。
入るのは厳しいけど、出ていくのは「ご勝手に」なんでしょうか。
dsc_3955
こちらが、ベビー用機内食。Gerber(ガーバー)の離乳食とバナナ
これの困ったところは中に何が入っているのか何も書いてないこと。
アレルギー持ちのお子さんだと大変だと思います。
2つのうち1つはバナナとその他のフルーツのペースト。
もう1つはかぼちゃやポテトを使ったペーストではないかと思います。
dsc_3957
こちらが大人用の機内食。メニューをみて「ハンバーグだって〜」とわくわくしていたのですが…
今まで食べた中で1番おいしくない機内食でした。
付け合わせのそうめん(?)が1番ひどかった。
ひどかったついでに、JALの担当クルーも最悪でした。呼んでも全然来てくれないし、終始笑顔ゼロ
破たん後のJALでこんな扱いを受けたのは初めてです。
cm160918-184359003s
帰りはパシネットをゲット。
最初の1時間は暴れまくり、騒いだ娘もなんとか寝てくれました。
自我が芽生えてからのフライトは色々と大変だなと思いました。

大変なこともあったけど、娘には初めての海を体験させられたし、プール遊びもショッピングも満喫できて、楽しい旅行になりました。

日仏ファミリーでピクニックお誕生会

o0404040413789583982
教会の結婚準備講座の同期生(?)3組の夫婦で集まってEmmaのお誕生会を開いてもらいました♪
同じ年に結婚して、去年から今年にかけて出産ラッシュでした。
新宿御苑で3家族集合。
うちが1番遠いのに、1番早く到着(笑)
11:30待ち合わせでも12:30にならないとみんなが揃わない。フランス人あるあるです。

アウトドアでお誕生会ができるのは、気候がいい10月生まれならではですね。
ちょっと冷え込んでたので初のタイツとコートを着せてみました。
今回はほとんど頂き物コーデです。
星ワンピース タルティーヌエショコラのニットワンピ
ニース在住のセレブな叔母さんからの去年のクリスマスプレゼント
ニースの叔母さんとは食べ物や洋服の趣味が似ていて勝手に親近感を抱いてます。
タルティーヌエショコラは私が大好きなブランドなので、
クリスマスのプレゼントを開けた時は『以心伝心!?』とトキメキました。

星タイツ Baby Gapで購入 お尻がフリフリになっていてカワイイの。

星コート 出産祝いでフランスの両親からもらったプチバトーのもの。
フードがとんがり帽子になっていてかぶるとエルフっぽくなります。(笑)
フランス人からは”petit chaperon rose !”(ピンクずきんちゃん)と
ウケまくってました。

お弁当はみんなで持ち寄り。
スペシャリテがある人は毎回同じものだったり、新しいレシピに挑戦したり。
グルメさんが揃っているのでお料理も毎回の楽しみの1つ。

私も仕事と育児でなかなか準備ができなかったので、簡単なものばかりにさせてもらいました。
・野菜のスティックサラダ
・竹の子とチャーシューのアジアンキッシュ
・かぼちゃのチーズケーキ

他のメンバーは
・オリーブとパルミジャーノのケークサレ
・お肉のテリーヌ
・エリソン(仏語でハリネズミの意)サンドイッチ
・ブルグルのレーズンサラダ
・マドレーヌ
・リンゴのクランブル

などなど、かなり品数が揃いました。

ありきたりな日本人奥さんとフランス人夫という組み合わせだけでなくフランス人奥さん+日本人夫というカップルもいるので、フランスでよく食べてたというレシピも持ってきてもらえるのが私たち日本人妻にはありがたい!レシピを教えてもらったりしています。
ただ、フランス女性が好むBioでヘルシーな料理って男性陣の食いつきがイマイチだったりするのよね~(笑)

Emmaのバースデーケーキは材料だけ持っていって現地で組み立てをしました。
シャルロット風のバースデーケーキ。
サンドイッチ用パンとベビダノンのクリーム、フルーツは缶詰の桃、パインと生のシャインマスカットを持っていったのですが、飾りつけにマスカットを使おうとしたらフランス女性から「マスカットのデコレーションは気持ち悪い。桃とパインをこういう風に(実演)のせたほうがいいです」とバッサリ。
フランス人はそーゆーところ全然遠慮せず思ったことを口に出すので、変に気を遣わなくて逆に気が楽です。
というわけで、お誕生日に作ったケーキとはまた違った仕上がりになったピクニックお誕生日ケーキ。
お誕生日当日のケーキはスポンジ部分をサンドイッチ用のパンではなくパンケーキにして、果物はフレッシュフルーツを使いました。

Emmaのケーキへの反応は、フィンガービスケット両手持ち!
これにはみんな大ウケでした。
スポンジ部分はやっぱりパンケーキのほうが良かったようです。
お誕生月は砂糖過多になってしまった気がして母はちょっと反省。

デザートの時間には日本人夫のTさんが、コーヒーやミルクティー、ホットチョコレートを近くのタリーズまで買いに行ってくれました。めっちゃ気が利くダンナさんです。
日本人妻2人で「Cちゃんはホントいい人と結婚したね~。こんなに気が利く男の人いないよ~」と大絶賛。

子どもたちはみんな女の子で1歳、9か月、3か月とまだ小さくて仲良く一緒に遊べるようになるのはまだ先だけど、あと数年したら娘たち同士もガールズトークで盛り上がったりするのかなと楽しみです。
母たちもレシピを交換したり、おしゃべりや新鮮な空気でリフレッシュできました。

Emmaも初めてのピクニックで芝生を歩いたり、草や土に触ったりできてとても楽しそうでした。
o0400022513789584072
帰り道は「ベビーカーを押してるのが全員男性という光景が国際結婚グループらしいね。」と妻同士笑いながら帰りました。にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村