Emma1歳になりました♪

h135884_036
おかげさまで娘のEmmaが無事1歳を迎えることができました。
身長73cm 体重7.7kgと小柄ですが、なんとか成長曲線内におさまっています。
生まれた時は1歳なんて遠い未来に感じていましたが、あっという間にこの日を迎えてしまいました。

成長の記録です

  • 一人歩きがかなり上手になった
  • 母を呼ぶときは「ママ~」ということを認識した模様。
  • 父を呼ぶときは「ダダ~」の様子。やっぱり英語風?
  • ブロックのおもちゃが組み立てられるように
    グアムで買ってきたYung Brix’というブロックのおもちゃが大好き。
    今まではパパが組み立てたロボットなんかを破壊するだけだったけれど、
    2つのパーツを組み合わせられるようになりました。
    32821imagefile4
    こんなおもちゃです
  • 自己主張の強さは相変わらず、でも主張の方法も覚えてきたみたい
    欲しいものの方に手を伸ばすなど意思疎通が分かりやすくなってきました。
  • 帽子、カチューシャは苦手、お誕生日の王冠も瞬殺でした (涙)
  • 食欲増進
    今まで、ご飯よりミルクだったのがご飯も積極的に食べてくれるようになりました。
    相変わらずミルクは好きだけど、麦茶もストローで上手に飲めるようになりました。
  • 寝かしつけが大変になった
    今までミルクを飲みながら勝手に寝てくれたので、ベッドに運ぶだけで楽ちんだったのが、最近は体力がついてきたのか「寝かしつけ」が必要になってきた。
    添い寝で眠ったところを起こさないようにベッドに運ぶ。
    タイミングが早いとベッドに置いたときに起きて泣いてしまうのでタイミングの見極めが難しい。
  • ルンバが苦手
    ルンバがお仕事中の騒音が苦手みたいで「あ゛~~」と言って怒ります。
    嫌いだけど気になる存在らしく、目ではいつも追ってる(笑)
  • 絵本が読めるようになった(?)
    今まで絵本を持たせるとかじるばかりでしたが、ようやく開いてページをめくるものだと認識できたみたい。ずいぶん熱心に読んでいるなと思うと逆さまだったりする(笑)

Emmaが私たちのもとにやってきてくれて、生活スタイルは大きく変わりました。
たくさんの幸せを運んできてくれたEmmaとこれからも1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村

10ヶ月ベビーと行くグアム旅行 DAY1~グアム入国の危機・デュシタニグアム宿泊~

数年ぶりの成田空港へNEXで向かいます。
早朝のNEXだったので、空いていて快適。
娘、NEXデビューです。
JAL941 10:45成田-15:25グアム
昔はJALが好きじゃなかったけど、経営破綻後は努力が感じられるようになり、よく利用するようになりました。娘が5ヶ月の時にもパリ往復でJALを使いましたが、10ヶ月になってよく動くので5ヶ月の時より大変でした。空港ではキッズコーナーで、たくさん遊ばせて疲れさせて、ギリギリに搭乗口に向かうようにしましたが、フライト20分程遅延…間延びした感が否めません。
dsc_3855
離陸後、まだまだエネルギーは有り余っていてヘッドホンのコードもカミカミ。
1時間ほどして寝てくれたので、機内食はゆっくり食べられました。

無事にグアムに到着。
最近、飛んだのがパリ、ニース、羽田だったので、迫ってくる地上の風景の”田舎感”がすごかったです(笑)

グアムの空港は入管で並ぶと聞いてはいましたが、フライト遅延も相まってものすごい人…韓国からと日本からがちょうど同じタイミングで到着みたいでした。ESTAレーンに並ぼうとすると、なんと!!!ESTAのシステムがダウンして使えないとのこと。
そんなことあるんですか?!
国のシステムなのに。。バックアップしといてよ!
しかも、9月の前半にグアム旅行された方もESTAのシステムダウンがあったとのこと。
もしかして、ずっと直してないの?直す気ある?
結局、ESTAを取得すれば書かなくていい書類も書くハメになり並びながら書類書き。
何のために$42も払ったのかわからん!!!
入国審査の窓口まで、1時間半並びました。

私と娘は日本パスポートなので、ESTAの確認が取れなくても入国できるのですが、フランス人の夫はESTAの確認が取れないと入国できません。
なので、国境警備局のオフィスに連行。
どうやら、システムダウンしてるのはグアムだけで、本土に確認が取れれば大丈夫なようです。
何に手間取ったのかわかりませんが、30分超ここで過ごしました。
部屋は外から見えるので「何やったんだろ、あの人」って思われてたんだろうな…
cm160914-162934009
国境警備局のオフィスには「KOREA JAPAN」「US Guam」「US Hawaii」「US XX」といくつか時計が現地時間に合わせてかけてあるんですが、日本と韓国の時計は電池切れで止まってるの(笑)

グアムのユルさ…
cm160914-163252010
この扉、外からは開いても中からは開きません。
わけもわからず連行されてきた日本人家族は、中から開けようとしてたので、今後連行された方のために書いておきます。

また、グアムの方はけっこう英語のアクセント(なまり)が強いです。
私は外国人社員(イギリス、中東)と英語を使って働いていますが、時々係員の方が言っていることが分かりにくい時がありました。入国が許可されて解放された直後に夫が「だからアメリカは嫌いなんだ。過剰に国境を守りすぎだ!」と怒ってました。

空港で送迎のお兄さんを無事に見つけてホテルについたのは18:00頃
空港でこの日のエネルギーを吸い取られた感じ。疲れました。。。

けど、デュシタニやっぱり素敵~
1
ホテルのフロントに入るといい匂いがします。
ロビーのインテリアもモダンでセンスがいい。

お部屋も素敵です。
img_8439
うちもこんなベッドルームにしたい♪
aimg_8452
娘のEmmaも広いベッドでご満悦
img_8457
いえいえ、あなたのベッドはこっちですよ〜
このスタイルのベビーベッドはフランスでも使っていたので、慣れています。
夫には問題ないのですが、背が低く足の短い私には娘が抱き上げづらい
dsc_3860
バスルームはこんな感じ。
2ボールの洗面台がいい感じ
タオルもたっぷり4枚ずつありました。
dsc_3859
右手にお手洗いとシャワールーム
赤ちゃん連れにはバスタブとシャワールームが別々なのはありがたい!!
というか、我が家はバスタブ・シャワー別が絶対条件だったので、ホテルが個人手配になったんですけどね…
dsc_3862
シャワールーム
レインシャワーがうれしい
けど、レインシャワーに切り替えると、モーター音みたいなのがして、けっこううるさかったです。
dsc_3863
お手洗い
アメリカンスタンダード社のもの。
アメリカの製品なのにウォシュレットだけでなく、自動洗浄までついていてビックリ。
アメニティーはかなりそろっています。
img_8469
シャンプーなどはホテルのオリジナルのものでした。
歯ブラシはアメリカ的な、ブラシ部分が大きいものなので、苦手な方は日本から歯ブラシ持参した方がいいですよ。

Wifiは無料で使えます。
img_8456
パスワードなどはルームキーと一緒に渡されます

ミニバーのお菓子や冷蔵庫のドリンクはウェルカムドリンクとして1回のみ無料サービス。
img_8466
2回目補充した分からはチャージされますのでご注意を。
ペプシ、セブンアップ、緑茶2本、ウーロン茶、ビールとたっぷりありました。
緑茶に書いてある日本語がなんか不自然だなと思ったら台湾のものでした(笑)
伊藤園の金の烏龍茶は美味しかったです。
ちゃんと回香(飲んだ後で感じる甘み)がありました。
ペットボトルだからってバカにしてはいけないですね。
img_8467
ここのお菓子も1回目は無料でいただいて良いそうです。
あんまりおいしくなかったけど。
img_8454
TVをつけるとwelcomeメッセージが。
ちょっとうれしい

落ち着いたら急にお腹が空いてきました。
HISで事前に買っておいたレアレアトロリーパスを使ってマイクロネシアモールへ。
軽めの夕食と娘のミルク用ミネラルウオーターを購入しに出かけました。
dsc_3866
タコベルでbeefy 5 layer burrito$2.69とCheesy Gordita Crunch$3.29
1度は食べてみたいけど、渋谷で並んでまで食べたくなかったので、ここで食べられて満足。
アメリカ留学してた方とか、すごく懐かしいみたいですね。

娘を寝かしつけてた後、夫に留守番をお願いして、ホテルのロビーラウンジで一杯。
dsc_3872
2年ぶりのお酒♪
タモンスカイというカクテル
名前からしてグアムのオリジナルカクテルかな。
お店の人が言う通り甘かった。甘すぎでした。

私の個人的な意見ですが、夜の照明ダウンしたラウンジって大人の場所で、子連れで来るものではないと思うんですね。
なんですけど、リゾートだからか中国・韓国の方は子連れでいらしていて、ちょっとカルチャーショック受けました。
昼間も部屋ではなくロビーでくつろいでるんですよ。
ホテルのハイクラスな雰囲気が崩れちゃうのよね…
img_8475
バーではバンドの生演奏があっていい雰囲気。
久しぶりのお酒に、カクテル1杯で酔っぱらってしまいました。
ママさんにだって、大人のひとり時間は大切。

10ヶ月ベビーと行くグアム旅行~棚からぼた餅 デュシタニグアムにも泊まれることになりました~

グアム旅行の数週間前、急にアウトリガーホテルからメールがきました。
初日のみオーバーブッキングになったため1泊ホテルを移動してくれる人を探しているとのこと。
ツアーで抑えてた部屋、キャンセルが出なかったんでしょうね。
こういう時に個人申込みだと声がかけられやすいみたいです。
移動先はデュシタニグアム。
img_8509
タイ資本の新しいリゾートホテルです。
たぶん今のグアムでは最高級ホテル。
アウトリガーからなら内廊下でつながっているからホテル間の移動も楽そう。
街中へのアクセスも問題なさそうです。
しかも、ただホテルがアップグレードされるだけではないんです。
他にも特典が色々

・デュシタニに差額なしで宿泊(朝食付き)←これは当然ですね
・現金100ドル
・空港送迎無料
・アウトリガーのパームカフェでの無料ディナー1回

ホテルはアウトリガーとデュシタニで迷っていたので、ちょっとデュシタニも見てみたい私たちにはピッタリ!
というワケで1泊目はデュシタニグアムに宿泊することとなりました。

よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

10ヶ月ベビーと行くグアム旅行 準備編~フライト・ホテル・持ち物~

突然ですが、先月家族でグアム旅行に行ってきました。

フランス里帰り旅行記も中途半端ですが、このままいくと9月に行ったグアム旅行記の鮮度がどんどん落ちていきそうなので、まだ情報が新鮮なうちにブログにアップしたいと思います。
赤ちゃん連れの海外旅行って、親にとっては色々と不安がありますよね。

最初は「ウェルカムベビー」などの赤ちゃん連れに特化したパック旅行にしようと思っていたのですが赤ちゃん向けのホテルは立地がイマイチ。なので、個人手配に切り替えました。

グアムは赤ちゃん連れが多い旅先なので、「グアム、赤ちゃん、旅行記」などで検索しまくり、いろんな方のブログや旅行記を読みました。
持っていくものや準備などすごく参考になりましたよ。

 

◆フライト

条件は以下の2つ

・パシネット座席が確保できること
・往路はグアム着が12:00-16:00くらい、復路は現地になるべく長く滞在できるもの

(21:00出発で現地に真夜中到着とか、大人だけなら仕事帰りに行けて便利なんですけど子どもの生活リズムをあまり乱したくなかったので。)

飛行時間自体は3時間と短いので、今回は特にエアラインのこだわりはありません。旅行記で多かったユナイテッド、デルタ、JALに電話で確認。
ユナイテッドはそもそもグアムに飛ばしている機体がパシネット対応していないということでした。
デルタはすでにパシネット席が予約で一杯。
JALは往路はパシネット予約いっぱいでしたが、復路は確保できるとのこと。

結果、今回もJALの利用となりました。

後日、チャイナエアラインの日本-グアムフライト使用の旅行記を読んだので、チャイナエアラインにもあたってみればよかったです。(チャイナエアライン、結構好きなんです。)

◆ホテル

・ベビー連れトラベラーさんの旅行記によるとお買い物も楽しむつもりならホテルエリアの中心部が良いとのこと。
・ベビーにやさしいホテル、シェラトン、ヒルトン、ニッコーは海へのアクセスが砂浜ではなく岩場になる。
・子持ち上司の奥様(ニッコーとアウトリガーに宿泊経験あり)によるとアウトリガーがおすすめとのこと。

上記のことから、ホテルはアウトリガーにほぼ心は固まりました。

うちは、Emmaのお風呂のためにもシャワーとバスタブが別々になっている部屋が希望だったのでこちらのサイトを参考に部屋のタイプを決めました。→

アウトリガーのオーシャンフロントスタジオです。
各フロアに2室しかない部屋だったので、早めに予約しておいてラッキーでした。
個人手配だからこその思わぬチャンスも後日転がってきます♪

おじいちゃまおばあちゃまとの3世代旅行とかなら、グアムリーフのジャパニーズスイートなんかもいいですよね。
まだハイハイが多い1歳未満の赤ちゃんなら、和室は本当に便利だと思います。

◆ESTA

esta%e7%94%b3%e8%ab%8b
日本人ならグアム旅行にはESTAは必要ないです。
ただ、グアムの空港は入国手続きにすごく時間がかかるようで、15:00頃の到着の場合ESTAなしで通常1時間~1時間半待たされるようです。
試験的にESTA所有者専用レーンが設けられていて、ESTAレーンなら15分から30分程度で手続きできるという前情報でした。
ただし、ESTAレーンもあったりなかったりみたいなので、正直迷いました。
今後アメリカ本土に行く予定もないし…
けど、赤ちゃん連れなら待ち時間はなるべく短縮したい。
飛行機で書く書類も少ない方がいい。(ESTAあり→1枚、なし→2枚*人数分+1枚)
ESTAレーンがある方にかけよう!!
時間をお金で買うつもりで家族全員ESTA申請しました。
事前にあんまり調べてなかったのですが、フランス人はグアムでもESTA申請必須でした。フランスってグアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム参加国に入ってないんですね。
申請しておいてよかったです。
承認後の画面はスクリーンコピーか何かで保存して、プリント・持参することをお勧めします。

  • 米国大使館「グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム参加国」について→
    グアム入国で役立ったかどうかは今後の旅行記をご覧ください。本当にグアムの入管ってトホホですから。。。

◆事前の買い物

・ラッシュガード
グアムの紫外線量は日本の1.5〜2倍ほどとかなり強め。
まだお肌が弱い赤ちゃんはラッシュガードが必要を聞いてラッシュガードを探していたら、ツボな水着発見。

【メール便送料無料】【ポイント10倍】【10%OFFクーポンプレゼント】ラッフルバッツ/RuffleButts 水着 ラッシュガード ベビー キッズ 子供 女の子 ベビースイミング 紫外線対策532P17Sep16

ラッフルバッツというアメリカのブランドのラッシュガード水着。一目ボレです。
めっちゃカワイイ!!!

「メール便送料無料」ラッフルバッツ/Rufflebuttsベビー&キッズ帽子即日配送/メール便可リバーシブル スイムハット水着用帽子「10%OFFクーポンプレゼント」532P17Sep16

ちょっとお高いけど、水着と帽子をおそろいで買ってしまいました。
赤ちゃんの頃しかこんなの着せてあげられないもの。
2歳用で、ちょっとぶかぶかでしたが、普通に着れました。(身長70cm,体重7kgほど)


ベビー&キッズ /ヘアアクセサリーMANDYノンスリップ ヘアクリップ 3色フラワークリップセットコサージュとしても使えます

水着以外も髪飾りやヘアバンドもかわいくて、ついつい買ってしまった。。。(;´・ω・)
着用したらこんな感じ。
dsc_3876
お花の髪飾りは休日の定番。周りからの評判も良かったです。

  • 日焼け止め
    日焼け止めはラ ロッシュ ポゼのアンテリオス キッズ ミルク<SPF50+/PA++++>です。


【送料無料】ラロッシュ ポゼ アンテリオス キッズ ボディ SPF50+(PPD25) 200ml【人気】【激安】【La Roche Posay】【日焼け止め(顔)】


[ラロッシュポゼ]アンテリオス キッズ SPF50+ ミルク フェイス&ボディ用 300ml 御徳用(並行輸入海外直送品)用

フランスに里帰りした時に、買ったものです。
(日本で買うと高いですね…)

全身に塗りました。
白浮きしずらいとの口コミもありましたが、我が家は全員立派な白浮きバカ殿風フェイスになりました 笑
でも、さすがに全然焼けなかったですよ。

 

  • ベビー用サングラス

「紫外線は目にも悪いから、サングラスが絶対に必要!!!!」と夫が断固主張!
サングラスを購入しました。

Banz(バンズ) レトロバンズ サングラス ホワイトベビー(0-2歳)


バンズ アドベンチャーバンズ サングラス banz /サングラス/キッズ/子供用/UVカット/紫外線/アウトドア グッズ/ベビー キッズ 赤ちゃん/男の子 女の子/出産祝い プレゼント キャンプ 海 山/

紫外線はばっちりカットだし、ウェットスーツ素材らしいので、フィットしそう。
見た目がバイク野郎風なのが嫌だけど…
もっと、かわいいデザインがあるといいのに。
服を着るのもあまり好きではなさそうなナチュラリスト(笑)の娘もこれなら大丈夫かな?
img_8510
結果:つけてもつけても嫌がられ
自力で外されました。
せっかく買ったのに、結局サングラス着用時間合計3秒
日蔭を選んで遊ぶことで妥協しました。

  • UVカットケープ


365日あす楽★代引・送料無料★ ユグノー シャダンケープ 日本エイテックス EIGHTEX【あす楽対応】【RCP】 【あす楽対応】

これは旅行の時以外でも、今年の夏は大活躍でした。
ベビーカーにも抱っこひもにもつけられるケープ
UVカット率約95% 体感温度マイナス3度らしいです。
日差しが強い日にベビーカーのケープの下にもぐった夫が「涼しい」って言ってたので、確かに体感温度は下るっぽいです。
ショッピングセンターなどでは冷房除けとしても使っていました。

  • 大人用ラッシュガード


ラッシュガード レディース スタンダード 28色×6サイズ【蚊よけ加工付き】【全色UVカット率99%】【30日間の返品保証】UVカット パーカー 水着 体型カバー メンズ キッズのサーフパンツ や トレンカ ラッシュパーカー UVパーカー の専門店リンネ

子どもの紫外線対策だけではなく大人もちゃんと対策しないと。
ということで、大人用ラッシュガードも購入。
日焼け止めとラッシュガードのWプロテクションで、日焼けゼロでした。

 

  • マリンシューズ
    要るか要らないか迷ったけど、現地で探すのは面倒だしとりあえず日本で買っていこうとなったマリンシューズ。


REEF TOURER(リーフツアラー) マリンシューズ 大人用 BK(ブラック) 26cm


【あす楽対応】AQA スノーケリングシューズ 3 マリンシューズ (サイズ:22-28cm) KW-4472 KW4472 コンパクト 折りたためる メンズ レディース 男女兼用 シュノーケリング シュノーケリングシューズ

うちの夫は、そのまま水に入れるビーチサンダル的な感じで活用。
私は、海に入った時しか使いませんでした。
砂浜ビーチだったら、使わなくてもいいかなぁというのが個人的な感想。
ヒルトン、シェラトン、ニッコー等のビーチが岩場系ホテルに滞在される方はあった方がいいと思います。

 

  • 使い捨てビブ


ニート・ソリューション ビブスター マジックテープ式使い捨てビブ(12枚入)【ニート・ソリューション】[マジックテープ よだれかけ スタイ ベビー用品]


使い捨て防水加工よだれかけ60枚入 ビブスターSESAME STREET (エルモ)

これは持って行ってよかったです。
日本でも外出時などに使ってますが、赤ちゃんって本当に「なんでそんなところに!?」というところを汚したりするんですね。(眉毛にお芋つけたり…)
なので、洋服への被害を最小限にするためにも、お食事用エプロンは必須なんですが、旅先で洗ったりするのも面倒ですし、使い捨てがやっぱり便利です。
うちの娘だけかもしれませんが、食事中に怪力で紙のビブを引きちぎっちゃったりするので、ちょっと多めに持って行った方がいいかも。

 

  • 無印の携帯用ランドリーセット


無印良品 携帯用ランドリーセット 洗濯板・ミニ角型ハンガー

これも持って行ってよかったです。

張り切って持って行ったおニューのTheory Luxのシャツブラウスにロブスターのソースを飛ばしてしまったり、娘に離乳食をなすり付けられたり。
洋服のアクシデントはよく起こるもの。
サンプルでもらっていた洗剤を使って、ちゃちゃっと洗えるとシミにならずに済みます。
洗濯機に投げ込むほどではないけど、ちょっと洗ってしまいたいという時に本当に便利です。
しかし、白い服を着ているときほど、ソース類はいつもよりはねる気がします…


  • 小児科のお医者さんに「海外旅行に行くので薬を処方してください」というと解熱剤や風邪薬など処方してくれるようです。
    うちは、しょっちゅう小児科に行っているので、「症状がなくなったら止めてください」と言われて使い切ってない薬がたくさんあったので、それを持っていきました。幸い使わずに済みました。
    グアムにはホテル近くに日本人旅行者用クリニックもありますが、何かの時にいつも使っている薬があれば安心ですよね。

 

  • ベビーフード


キューピー ベビーフード 鶏とひじきの炊き込みごはん 100g


キューピー ベビーフード アレルギー特定原材料7品目不使用 A-98 鶏とひじきの炊き込みごはん ごはん入り (100g) 【9ヶ月頃から】 ツルハドラッグ

いつも使っているキューピーの瓶の離乳食をもっていきました。
スプーンはいつも使っているものを持って行って、現地で洗って使いました。
(小分けした食器用洗剤とスポンジ持参)
念のため紙皿とプラスチックのスプーンももっていきましたが、ほとんど使いませんでした。基本的にはオムツもミルクも日本で使っているものをそのまま持っていきました。慣れないものを使ってトラブルが起きることだけは避けたいですから。
荷物になりますが、普段使っているものを持参されることをおすすめします。

↓よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

不満!シャルルドゴール空港のベビ向け設備

フランス 花の都パリの空の玄関口であるシャルルドゴール空港でトランジットの時間が4時間。
これがベビ連れにはなかなかキビしかったです。

●不満点1:授乳室というものがない!!!
先日フランス映画を見て本当にビックリしたのですが、電車のボックス席に座る男性の向かいの赤ちゃん連れの女性。
おもむろにポロンと胸を出し、赤ちゃんにおっぱいを飲ませたんです。
もちろん、向かいに座ってる男性は子供の父親じゃないですよ。
そんな母子を目を細めてみる男性。。。

日本ではありえない光景ですが、夫曰く「フランスではこれが普通だ」と。
本当かしら…。いまだに半信半疑ですけども。
確かに、真昼間のCMでもポロンポロンと出していますものね。。。おフランスは。
それが普通な文化圏なのだとしたら、授乳室はなくて当然ですね。
仕方ないので、授乳ケープを使うしかないのですが、夫は人前での授乳に断固反対。。。
おむつ替えができるトイレは広いのですが、椅子がありません。
機内で作ってもらったミルクでなんとか乗り切りました。
飛行機の座席でなら授乳可で、空港の待合室はダメって、夫の基準がよくわかりません。
o0160012013731115407
●不満点2:おむつ替えスペースが使いにくい
こちらはWebで見つけた写真になりますが、ドゴール空港のは全面ステンレスでスタイリッシュ!というより無機質です。
おむつを替えている間は、娘が落ちないように見張るのに必死で、替え終ると力尽きてしまって写真はとれませんでした。
まずベッド部分は固い樹脂製です。拳でたたくとコンコンと音がします。
一応、衛生面を考慮してか、奥に使い捨ての紙のカバーのロール(巨大なトイレットペーパーみたいな感じ)がついているので、それを引っ張り出して敷いてから赤ちゃんを置きます。
ベルトはありません。
手前に申し訳程度についている手すりのみです。
まだ寝返りしかしないころだったからよかったですが、今のようにじっとできない時期だったら落ちないようにするだけでも大変な労力になるとおもいます。
そしてなぜか、ベッドが横向き。
変な角度から手を伸ばさないといけないのでめちゃくちゃ不便でした。
なぜこのような向きになったのか不思議で仕方ありません。

●不満点3:ベビーカーは限られたターミナルのみにある(ようだ)
空港には貸出ベビーカーは置いてあるものだと思っていましたが、そうでもないみたいです。
ターミナル2Eには生後6か月から使える簡易タイプのベビーカーがありましたが、国内線への乗り継ぎに使った2Fには貸出ベビーカーがありませんでした。
フランス語でベビーカーはpoussette(プセット)といいます。
我が家は当時、ベビービョルンのオリジナルという肩で支える抱っこひもを使っていたので、重さが肩にずっしりきていまして…
乗り換え4時間ずっと抱っこというのは拷問のようでした。
最初は先進国の空港に貸出ベビーカーがないことはあり得ない!と思って2Fターミナルを歩き回り、保安検査場のおじさんにも聞いてみたのですが「ない。」って一言言い切られました。
まぁ、面倒だから本当はあるけど「ない」って言われただけかもしれないですけど…
o0360064013731115356
2Eターミナルにあったベビーカーも羽田に比べたら粗末な代物で。。。
なんか、身体が痛くなりそう。
ドゴール空港で乗り換えされる方はぜひベビーカーを機内持ち込みしてください。
やっぱりあるとないとでは大違いです。

●不満点4:当然のことながらミルク用の給湯機もない
JAL機内ではお願いすれば気持ちよくミルクも作ってもらえますが、空港に降り立った瞬間お湯をどこで調達するかという問題が出てきます。
日本のようにミルク用の浄水給湯器なんてものはありません。
我が家は機内で作っておいてもらったミルクでなんとかしのげましたが、あれ以上トランジットが長かったら待合室で授乳ケープか、カフェにお湯をもらいに行くかの2択だったと思います。
そうそう、JAL機内でも日本人乗務員と外国人乗務員ではサービスの質が若干変わりますので、日本人乗務員に頼まれることをお勧めします。
やはり日本人は「いい加減」が分かっているようです。

天国のような羽田と比べると、惨憺たるシャルルドゴールという感じですね。
まさに乗客はレ・ミゼラブルであります。
うちの夫はシャルルドゴールに降り立った瞬間に「日本に帰りたい」と言っていました(笑)
JAL機内は「みなし日本」なので大丈夫だそうです。

花の都 パリの空の玄関口として恥ずかしくない設備の充実と清潔を目指していただきたいですね。

2016年 4ヶ月のベビー連れフランス里帰り・至れり尽くせりの羽田空港

出産直後から、御年91歳のおばあちゃまからスカイプの度に「早くフランスに来てね~」とのラブコール
ひ孫かわいいですよね。会いたいだろうと思います。
Emmaにとってもひいおばあちゃまとの思い出を少しでも残してあげたい、そんな気持ちもあって育児休職中の2016年3月にフランスに里帰りしてきました。
普段は私の仕事もあるので、最長でも1週間くらいしか里帰りできませんが、今回は休職中なので期間も自由。
夫も2週間の休みがもらえたので、2週間の里帰りとなりました。
今までは、パリでTGVに乗り換えて電車の旅を楽しんでいましたが、今回はシャルルドゴールで国内線に乗り換えてニースまで飛ぶことにしました。
というわけで、今回はパリは素通り。パリショッピングもお預けです。
まぁ、遊びに行くんじゃないしねσ(^_^;)

エアラインは何にするか。。。

ベビ連れ旅行記なども参考にさせていただき、羽田発着のJALにしました。

【JALを選んだ理由】
・パリへの羽田発着直行便がある
中東系のエアラインの方が値段は安いですけど、ベビー連れだし移動時間は最低限で。

・日本的なサービスの細やかさがあり、ベビー連れでも安心してのれる
ミルクづくりのお願いなど、日本人乗務員はツボを心得ています。
・日本語の機内エンタメが充実してるので長距離フライトでも退屈知らず
ひそかに楽しみな機内での映画。JALなら大抵の映画が日本語吹き替えか字幕付き

・ストライキで欠航の可能性が低い
友人の日仏カップルがやはりベビー連れで里帰りしたのですが、彼らはエールフランスの   フライトだったんですね。出発前に案の定ストライキ。かなりヤキモキしていました。結局ち   ゃんと飛んだのですが、やっぱり日系エアラインは安定感がありますね。

3月のフライトのために12月にフライト予約しました。幸い往復ともにパシネットが確保できました。
パシネットが設置できる座席には限りがあるので、予定が決まったらなるべく早くフライト予約することをお勧めします。
羽田空港の国際線ターミナルはベビー連れには至れり尽くせりでした。
授乳室もきれいだし、おむつ替えベッドもきちんと設置されてました。
o0533080013726278636

意外に良かったのが、空港のベビーカー。

コンビのものなのですが、座席もしっかり倒れて、下には荷物がたっぷり収納できます。
プラスチック製で固いから嫌がるかと思いきや、すっかり気に入ったようでご機嫌さんでした。
o0533080013726278634

当時は桜の季節だったので、フェイクの桜ですが記念写真。
今、見るとEmmaがすっごく小さい!
数か月でずいぶん大きくなったんだなぁ。

離着陸は耳が痛くならないように、おっぱい、哺乳瓶のW体制でスタンバイしていましたが、飛行機が走り出したとたんに眠ってくれて助かりました。
寝ていると耳が痛くならないみたいですね。
水平飛行になってパシネットをつけてもらってからは、パシネット内で過ごしてもらいました。
o0800053313726277031

最初は不思議そうに色々とみていましたが、落ち着いたら再び夢の中へ~
途中で何回か目を覚ましましたが、授乳してオムツを変えればまた眠ってくれて、12時間の長時間フライトにもかかわらずおとなしくしていてくれました。
おかげで私も機内食も食べられたし、映画も2本も見れました。
出産してから落ち着いてご飯を食べられたのって、この機内食が初めてかも。。。

o0800053313726277052

ちょっと目を覚ました時は交代で遊んだりして、心に余裕のあるフライトになりました。
普段はなかなか寝ないのに、フライト中は人がかわったかのようにグースカ寝ておりました(笑)いい子にしててくれて本当によかったです。

この後、地獄のようなシャルルドゴール空港に到着するのですが、それはまた次回。

Emma11ヶ月

img_8452

Emma 11ヶ月になりました♪

おむつで数字を作って並んで写真を撮るのはは6か月で挫折しました。
だって、作ったそばからわしゃわしゃと破壊されるんですもの~あせる
じっとしてなんていてくれません。

身長は70cm くらい、体重は7.6kgくらい

離乳食は1日3食になりました。

1日3食食べてミルクも1リットル近く飲んでいるのに、体重は1ヶ月で300g程度しか増えません。

体重が増えにくいのがEmmaの体質みたいなので、少しずつでも大きくなっていけばヨシと考えています。

生後1,2ヶ月くらいの頃はあげてもあげても体重が増えないのが本当に悩みでしたが、今となれば増えにくい体質なのだとわかります。

あの頃の鬱々としていた自分に教えてあげたい…ため息4 ハァ

成長の記録です

●つかまらないで数歩歩けるようになった

●パパかママの姿が見えなくなると、泣き叫んでお知らせ

●見える場所に離れているとマンマンマン~とお呼びがかかるようになった

●求めているのはママかマンマか?

●自己主張が激しい。自分がやりたいことを邪魔されると泣いて怒る

●だから、おむつ替えが本当に大変

●自分のおもちゃより大人が使っているものを触りたがる

●おもちゃのTVリモコンを買ってみたけど、本物にはかなわず

●パパのPCもブラインドタッチ(笑)

●かなりの育メンパパなのに、パパではダメなときがある。ママが抱っこすると泣き止むので、パパいじける。

●パパのことはダッダッっと呼んでいる?(英語風?Dad?教えてないけど。)

●音楽を流すと踊るようなしぐさをする

●「どうぞ~」ができるようになった

●でも、「どうぞ~」したそばから奪い取ったりもする

●お風呂用の絵本が大好き

●ものを落とすのが大好き、ベビーサークルの上から、お風呂のふちから、お食事用の椅子から、ポイポイとモノを落として不思議そうに眺める。

フランスの両親と週1でスカイプするときは、娘の遊び場にパソコンを持っていくのですが、マイクのコードを引っ張る、口に入れて噛み噛み、パソコンのキーボードで入力する、画面をたたく、パソコンに気を取られた隙にスマホを誘拐、と狼藉の数々をはたらき、ダビデくんを発狂させています(笑)

動き回るのが楽しいようで、超インドアな両親なのにEmmaはアクティブガールなようです。

伝い歩き中はなぜかこの顔

cm160921-104943002

アッカンベーです。アニエスのカタログのベビーが同じ顔してたので思わず、使わせてもらっちゃいました。
ちなみに、こちらもアニエスのカタログのベビちゃんですが、指しゃぶりがEmmaと一緒!!

cm160921-104954005

うちもなぜか親指ではなく、人差し指と中指の2本をチュッチュしてます。

もう、来月には1歳になってしまうなんて…

子どもの成長って早いですね。

残された0歳児期間一緒に目いっぱい楽しみたいと思います。

お誕生日のお祝いの準備もしなきゃな~♪

はじめまして!

はじめまして。Marianneです。
今日からWordpressでブログをはじめることにしました。

簡単に自己紹介しますね。
横浜生まれ、横浜育ちのハマっ子。今も横浜で暮らしています。
幼稚園、小中高、大学とカトリックのミッションスクールで育ちました。

旅行と料理、お買い物が大好き♪
パリ旅行中に出会った南仏出身のダビデくんと2009年から遠距離恋愛スタート。

日本とフランスを行ったり来たりしながら一年半の交際の末、2011年にフランスの市役所で市民婚。

2012年ダビデくん日本移住。日本語学校に通いながら職探し。

2013年ダビデくん就職!
2014年に日本のカトリック麻布教会でパリ外国宣教会の神父様のもとで結婚式を挙げました。
2015年娘のEmmaが生まれました。

2016年 娘6か月で仕事に復帰したワーキングマザーです。

今は、11か月の娘の育児に無我夢中な毎日です。

ママになっても自分の人生を楽しむことをあきらめたくない。

制約は色々とありますが、その中でじぶんのできる範囲で楽しんでいきたいと思っています。

ライフスタイルには少々コンプレックスがあります。

お買い物好きのせいか、家にはモノが溢れている状態。

こんな状態をどうにかしたいと2015年産休中にライフオーガナイザーの資格を取得しました。

まだ家の中はごちゃごちゃとしていますが、少しずつでも家の中をオーガナイズして、スッキリとした生活を送りたいと思っています。

このブログではそんな私のオーガナイズ作業も公開していくつもりです。
どうぞよろしくお願いしますね!img_197