ディズニー?ベネッセ?幼児向け英語教材の選び方~我が家の場合~

我が家はブログタイトルの通り日本とフランスの国際結婚です。
言語の優先順位は日本語、フランス語、英語です。

★家庭内での英語レベル

私たち夫婦は結婚前は英語でコミュニケーションを取っていて、結婚後は夫に移住してもらったので夫の日本語上達に伴い、普段の会話は日本語主体になっています。
ですが、難しい話題(向うで起きたニュースの説明や会社の手続きなど)は英語を使って会話しないといけません。
フランス語でペラペラっと説明できたらかっこいいんですけどね…
とはいっても、英語が得意と言えるレベルでもなく世間話ができて、仕事で少し使う程度。
特に最近はスピーキング能力がメキメキと落ちて行ってるのを感じます。
私自身、英語が得意でなく中学1~3年まで夏休みの補習を受けてたくらいなので、こどもたちには少しでも英語への抵抗がなくなってくれればという思いで、早くから英語に慣れさせようと思いがんばり過ぎない英語教育をすることに。

★幼児向け英語教室か自宅学習か
最近は幼児向けの英語教室もたくさんありますね。
保育園のお友達で土曜がお仕事のご家庭で、土曜だけは英語の保育園に行ってるなんておうちもあります。
うちの場合は共働きで家族でゆっくり過ごせるのが週末だけなので、毎週定期的に出かけるのは避けたいという思いがあり、おうちで一緒に学べる教材を選ぶことにしました。

★ベネッセか、ディズニーか?
自宅学習用の教材も色々なところからたくさんでいていますね。
一番目にするのは「ディズニー英語システム Disney’s World of English (DWE)でしょうか。
マタニティー系の雑誌にもよくサンプルCDだのDVDだのが広告付録でついてきますね。
公式HPには値段の記載がありませんが、フルパッケージで購入すると80万とのウワサも…
さらにディズニー英語システムのユーザーコミュニティであるワールド・ファミリー・クラブの入会金25,000円に月会費が以下のようにかかるとのこと。

ベイビー会員(18カ月まで) 月額1296円(税込み)
正会員(19カ月以上) 月額3348円(税込み)

こ、これはサラリーマン家庭に出せる金額ではない。。。
この教材を使って学べるお子様はそもそも、おセレブなおうちに銀のスプーンをくわえて生まれてきたラッキーベビーなのでしょう。
いや~、うらやましい!!!

実際は、金額だけの問題ではなく以下の理由もあって、うちはDWEは見送りました。
・娘がまだ小さくてディズニーキャラに興味を持たなかったこと。
・DVDの映像が古くて、お付き合いする親の方が楽しめないこと。

結果、ベネッセの方を選ぶことになったのですが、ベネッセは英語の教材だけで2種類あります。

・しまじろうの英語教材「こどもちゃれんじEnglish」
・幼児英語教材「Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)」

どんな違いがあるのでしょうか?

★こどもちゃれんじEnglishとWorldwide Kids(ワールドワイドキッズ)の違い
ベネッセは英語の教材は2種類あります。

・しまじろうの英語教材「こどもちゃれんじEnglish」
・幼児英語教材「Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)」

簡単に分けると、
こどもちゃれんじEnglishは出てくるキャラクターはこどもちゃれんじと同じしまじろう。
教材には日本語も出てくるので、英語が苦手な方も子どもと一緒に楽しむことができると思います。
スタートは1歳から
教材は2ヶ月に1度届けられて1回2880円~です。

Worldwide KidsはMimiやManiというオリジナルキャラクターがでてきます。
教材ではしまじろうの出演はありません。
教材は保護者向けのサポート冊子のみが日本語で書かれていて、あとは全て英語になっています。
スタートはStage0からなら6ヶ月からでもスタートできます。
教材は一括購入の場合Stage0〜6で226,800円
1歳以上の場合はStage0がないのでStage1〜6で総額194,400円です。
うちは、Worldwide kidsを生後6ヶ月からスタートして、2歳9か月でこどもちゃれんじイングリッシュを併用するようになりました。
なぜこのようなチョイスになったのかは、次回書こうと思います。