Emma 2歳8ヶ月、Manon8ヶ月

Manonのロタウイルス感染に始まり、なんと私までロタ感染。
地獄のような2週間が過ぎ、ようやく体調が落ち着いてまいりました。
大人はロタにかかりにくい、罹っても症状が軽いと聞きましたが、全然そんなことなく、めちゃくちゃしんどかったです。

【Emma】
体重 89.9cm
身長 11.25kg

身長も体重もぐんと大きくなって、精神面でも成長を感じられることが増えました。

★お姉ちゃんとしての自覚
乳幼児クラスでは最年長となり、妹が保育園に入ってきたことでさらにお姉さんになった自覚が芽生えたようです。「Emmaお姉さん」「Manonちゃんは赤ちゃん」とよく言っています。
そうは言っても母から見ればどちらもまだまだカワイイ赤ちゃん。
こどもチャレンジのはなちゃんの歌を替え歌して、「カワイイ、かわいいEmmaちゃん、ちっちゃなちっちゃなEmmaちゃん♪」と歌うと、「ちがうちがう!Emmaはおねーさん!!」と訂正されます。

★やさしさにじーん
ロタで寝込んでいた私。Emmaが遊びたくてベッドまできましたが、「ママ病気だから遊べないんだよ、お腹痛いの」と言うと、頭を撫でてギュッとしてくれました。
病気がうつらないかドキドキしましたが、そんな優しさを自然に発揮できるようになっていてとてもうれしかった出来事でした。
Manonがおしゃぶりを落とした時も「Manonちゃんだーめ」といいながら、毎回拾ってくれるし。
クモやヘビのお話の時に私が「怖いなぁ」と言うと「守ってあげる」と心強い一言を言ってくれるようになりました。

★すぐ泣く
お友達同士で遊んでいるときに、「いーれーて」とお願い、「やだ」と断られただけですぐ泣いちゃいます。
相手のお友達もEmmaがすぐ泣くので、それを楽しんでついつい「やだ」って言ってみちゃう。ちょっと落ち着くと結局一緒に遊んでいるので本人同士もあんまり深く考えていないよう。おうちでも、ちょっとしたことですぐ泣くので、ちょっとうんざりしちゃうと気があります。最近は「泣き虫おしまい」で気持ちを切り替えられることも多くなってきました。

★心配ご無用!
遊んでいたら突然「心配ご無用!」と言い出したEmma。
急に時代劇がかっちゃって何事?!と思っていたら、お気に入りの絵本の決め台詞をマネしていただけでした。

★久しぶりのお友達も覚えていられるように
今までは、2,3ヶ月に1回会うようなお友達は最初の1時間くらいは人見知りモードでしたが、最近は、「XXくん?」とおぼえていられるようになりました。先月XXくんと半年ぶりに遊んだ時もすぐに打ち解けて遊べていました。数か月前に教えたいとこの子どもも、写真を見せて「誰?」ときくと「アレクサン!」とちゃんと答えられるように。お休みの日にあうお友達と遊ぶのもますます楽しくなりそうです。

XXくんと恐竜に乗る

【Manon】

体重 67.9cm
身長 7.86kg

★歯が生えてきた
下2本の歯が生えてきました。
かゆいのか、本やおもちゃを口に入れてガジガジしています。

★おすわりが上手に
寝返りができるようになったと思ったら、あっという間にお座りまで。
お座りすると目線が高くなるので楽しいようです。
お座りが安定しているので、油断していると時々コロンと転げています。

★ロタ感染
フランス里帰り中に1回目、今回2度目です。
ミルクを全然飲まなくなったので、脱水を心配しましたが、何とかイオン水をちびちび飲ませて乗り切りました。自分も同じ病気になってよくわかりましたが、そもそも食欲もないし、何かを口にすると腸がゴロゴロと動き始めるので気持ち悪いんですね。
Manonがミルクを飲みたがらなかった理由が分かりました。
絶食状態は2日で脱却したので大事には至りませんでしたが、丸々としていたお腹がかなりへこんでしまってかわいそうでした。

そして、ロタから復帰した日から今度は風邪で発熱
母はロタ感染中で素早い対応ができず、Manonにはかわいそうな2週間になってしまいました。
健康のありがたみを実感する1ヶ月でした。
まだ完全に全員元気ではありませんが、やはり「寝たら元気になる」ということも身をもって感じました。
「寝れるときに寝る」を目標に健康家族を目指したいと思います。

 

I’m back! Emma 2歳半、Manon 7ヶ月

お久しぶりです。ほぼ半年ブログなしの生活を送っておりました。
ようやくブログ復活!です。(誰も待ってないとはおもいますが)
ちなみに、4月から仕事にも復帰しました。

いつの間にやらEmmaが2歳半 Manonも7ヶ月になってしまいました。
いや~、時が過ぎるのは早い!!
3月には乳幼児2人連れてフランス里帰りも行ってきました。
里帰りについても語りたいことはいっぱいあるのですが
肩慣らししがてら、2人の成長の記録から

【Emma】
体重 88.1cm
身長 10.5kg

最近は表情が大人びてきてだんだん「少女」になりつつあります。
言葉も多言語インプットのせいか遅いかなと思っていましたが、今は日本語ペラペラです。
時々フランス語が日本語に混ざって、ルー大柴みたいになってます。

★赤ちゃんのお世話大好き
クリスマスに買ってあげた赤ちゃんのお世話をよくしています。
抱っこしたり、おんぶしたり。
Manonがミルクオンリーの頃は赤ちゃんもミルクオンリー
Manonが離乳食を始めたら赤ちゃんにもご飯を食べさせ始めました。
親のしていることをよく見ているんですね。
そして、赤ちゃんは基本ハダカです。(お医者さんごっこで診察することが多いから?)
リアル赤ちゃんのManonのお世話もしたくてたまらないEmma。
ミルクを飲ませれば哺乳瓶に手を添えてきたり、泣いているとおしゃぶりを持って来てくれたり、だんだんと役立つお手伝いができるようになってきました。

★お医者さんごっこも大好き
2歳3ヶ月頃から急にお医者さんごっこに目覚めたEmma。
診察が頻繁なのでシャルルドゴール空港でT’choupiの聴診器と体温計のおもちゃを買い与えたところ大ヒット。
「もしもししますよ」「背中ももしもしします」「お口あけてください」「ちょっと腫れてるね、チクンしますよ」という一連のセリフがセットになっております。
チクン(注射)の被害者は家庭内のほぼ全員。
大人も子供もぬいぐるみたちも、チクンされまくりです。
チクンされる場合は、基本泣かなくてはいけなくて、泣くと「大丈夫?」とやさしくハグしてくれます。
たまに、Emmaが患者になることもあって、その時はチクンの前に「泣かない!」と宣言。「がんばるもん」と言っています。完全にノンタンに洗脳されてます(笑)

ノンタンがんばるもん (すきすきノンタン)


ノンタン がんばるもん (すきすきノンタン) [ キヨノサチコ ]

実際のお医者さんでもがんばって泣かずにいられる日も出てきました。
今までは診察室から名前を呼ばれただけで泣いていたので、泣かないで診察できる日が出てきただけでも大きな成長です。
小児科は大丈夫になってきましたが、「みみのお医者さん」(耳鼻科)は大の苦手。
お鼻にシュシュっとされるだけで泣いてしまいます。
自分は苦手なくせに、Manonだけが耳鼻科診察の時はちょっと嬉しそうに「Manonちゃん、みみのお医者さん?痛いね」と言ってきたりします。
サド体質か!?

★ブロック系の遊びも大好き
我が家はパパの趣味で、ブロック系のおもちゃが豊富。
レゴにマグフォーマ―、こどもちゃれんじの付録のブロックなど。
最近はブロック遊びも上手になってきて、自分なりの遊び方で楽しめるようになってきました。
親のもくろむ立体的思考のトレーニングなんて感じでは全然ないのですが、
マグフォーマーを組み合わせてピザとか、レゴで傘を作ってくれたり。
レゴの傘は本当に気に入ってるらしく「雨がふってるよ。みんな傘さして~」と傘を全員分作って配布。
我が家は家の中で雨が降るらしいです。
言葉も発達してごっこあそびが充実してきています。

【最大1万円OFFクーポン】マグフォーマー おもちゃ 62ピース 知育玩具 キッズ アメリカ 面白い 子供 Magformers 空間認識 展開図


ボーネルンド マグ・フォーマー (MAGFORMERS) 乗り物セット16ピース MF707004

★お絵かきも大好き
お絵かきも大好きで、色鉛筆を持たせると赤や黄色を使ってグルグル~とお絵かきしています。
色鉛筆を持たせると家具にまで自由にお絵かきしちゃうので、目を話すときはマグネットのお絵かきボードをよく使っています。
5月に入ってから初めて(本人いわく)家族の顔をかいてくれました。
いびつな丸にチョンチョンと点が書いてあるだけなのですが、「これは目で、これはほっぺ」と説明されるとちゃんと顔に見える!!
ちゃんと家族4人の顔を描いてくれてすごくうれしかったです。

アンパンマン かいて育脳!らくがき教室ジュニア お絵かきボード マグネット式 おえかきボード おもちゃ 知育玩具


アンパンマン 天才脳らくがき教室

★フランスのアニメにハマる
日仏ハーフのお子さんを育てている先輩ママから「フランスのアニメのDVDはたくさん見せておいた方がいいよ。聞き取り能力がすごく良くなる」とアドバイスをいただいていたので、
YoutubeやらDVDやらでフランスのアニメもよく見せています。
親も一緒に見て楽しめるおすすめは「masha et michka」

MASHA AND THE BEAR PART II 19-36 EPISODES ENGLISH VERSION . DVD NTSC by MASHA AND THE BEAR

ロシアのアニメなんですが、輸出用に作成されているようでアニメの中の表記はすべて英語。
おしゃまでイタズラ好きなマシャと熊のミシュカのストーリーなのですが、熊さんが実のお母さんより面倒見がいいんです。
マシャが洋服を汚してしまったら、シャワーを浴びさせて、汚れた服を洗濯板で洗濯して、布地から新しい服を縫って着せる。
こんなデキる熊がいるなら、ぜひ子守りをお願いしたいものです。
1話完結で10分くらいのアニメですが、大人も楽しめるくらいストーリーもよく練られていて、新しいエピソードの時は私もじーっと見てしまいます。

Trotroは定番アニメですが、Emmaもやっぱり大好き。
Trotoroみたいなイタズラしたら、私は彼の両親のように笑ってみていられないですが、、、

Trotro : Trotro est trop gourmand

フランスでは朝にアニメばっかりやってるLudoを見せていたのですが、そこで大ハマりしたのがSimon.帰国してから「うさぎ見たいの」というので何のことかと思ったらsimonでした。

★スイッチ!
レゴとかマグフォーマ―とか組み立て系が好きみたいなので、対象年齢はちょっと上ですが「ピタゴラスイッチ」を見せてみたところ大好きになってしまいました。
今は、「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」よりも好きかも。「スイッチ見たい」とよくおねだりされます。

★おそろいはテンションあがる
「しろくまちゃんのホットケーキ」の絵本が大好きなEmma。
今年のユニクロの絵本コラボTシャツが大ヒット。
Manonもちょっと大きめのサイズ80を買って、姉妹お揃いにしてみました。
おそろいのTシャツで保育園に行くと、先生にアピールしてるみたいです(笑)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん) [ 若山憲 ]

★コチョレートはじめました
3月にフランスに帰ったタイミングで初めてのチョコレートを食べさせてみました。
最初はそんなに好きじゃないのかな?という感じでしたが、私たち親がチョコを食べていると「それ、コチョレート?コチョレート??」とよく聞いてきます。
チョコレートと言えず、コチョレートなのが2歳っぽくってカワイイ
とりわけチョコが大好きなパパには、レゴの茶色いブロックを差し出し「はい、コチョレートだよ」とサービス。

イースターのイベントでエッグハントも初めて体験。
公園の茂みに隠されたチョコレートでできたタマゴをがんばって集めていました。その日は天気がよかったので、デロデロに溶けてしまったチョコを食べてました。

先日アイスを買ったときは「何味にする?」「コチョレート!!!」で口の周りを泥棒みたいにして食べてて笑えました。

★滑り台大好き
滑り台が大好きです。Emma語では「しゅー」と呼ばれています。
休日は近所の公園や長い滑り台で有名な公園に行ったり、しゅーライフをエンジョイ。

フランスでも公園の滑り台で遊んできました一人だととっても楽しそうに滑っているんですが、他のお友達が来ると人見知り全開で急に元気がなくなってしまいます。

もうちょっと大きくなると知らない子とも一緒に遊べるようになるのか、性格の問題なのかな?

Manon

身長:66.4cm
体重:7.7kg

Emmaの時はなるべく母乳でと思っていたのでミルクも遠慮しいしい控えめにした結果、4ヶ月検診で「もっと飲ませてください」と注意されてしまったので、2人目はどんどんミルクも与えたら、かな~り大きくなりました。(標準の範囲ですが)
同じものを食べても体重が増えないEmmaと、食べたら食べるだけ太るManon。。。。

★自己アピール
4ヶ月くらいまでは本当におとなしくて眠ってばかりであまり手がかからなかったのですが、4ヶ月過ぎから「私をかまって!」というアピールがスタート。椅子に1人で置いておくと「あ~~あ~~~」とアピールしてくるので、最近は保育園からおんぶで帰宅。おんぶのまま夕飯作ってます。
Emmaは体重が軽かったからよかったけど、Manonの体重だと正直腰がつらい、、、

★お歌大好き
周りが歌を歌っていると「あ~~、あ~~~」と声を出してご機嫌さん。
イースターのミサの時は聖歌に合わせて、大声でハモる(?)のでちょっとヒヤヒヤしましたが、
フレンチコミュニティーの教会は子どもについては寛容なので助かりました。

★じっくりタイプ
行動的なEmmaと違って、Manonはじっくりと観察するタイプみたいです。
自分の手をじ~と見つめたり。
おもちゃを与えても、まずは見つめて観察、それから振ったり、舐めたりという順序です。

★寝返り
GW明けに初の寝返りをしました。体が重い分、寝返りもハイハイもゆっくりめです。
遊びたかったおもちゃをEmmaが意地悪して取り上げたので、それを追いかけているうちにコロンと。
本人もよくわかってないみたいで、驚いたような顔をしていましたよ。

2人とも夜中に目を覚ますので起きる親はちょっと大変で、夫婦でずーっと風邪をひいているような感じです。
体力的にはしんどいけど、娘たちがかわいいことや面白いことを見せてくれるたびにものすごく癒されます。

同じスタジオで6ヶ月の時に撮影した写真を姉妹で並べてみました。
髪の毛の量が全然違いますね(笑)
似ているようで、全然似ていない2人。
これからの成長が楽しみです。