ベルナール・ビュフェ美術館に行ってきました

保育園でもらってきたフリーマガジンに赤ちゃんと行ける美術館として紹介されていたベルナール・ビュフェ美術館に子供2人(3歳、1歳)を連れて行ってきました。
本当はクレマチスの丘もゆっくり散策したかったのですが、台風が近づいてきていて風がとても強かったので、今回は美術館のみの訪問です。

ミッフィーちゃんの「美術館に行こう!」ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」という企画展が9/29までだったので、悪天候でしたが無理やり行っちゃいました。

三島駅から1時間に1本、クレマチスの丘とベルナール・ビュフェ美術館行きの無料バスが出ています。

これが企画展に合わせたミッフィーちゃんバスでとてもカワイイ!

窓にもミッフィーちゃんが描かれているので走る場所によってお洋服のデザインが変わるように見えるのも楽しいです。

バスから降りたらいきなり激しい雨に降られたので、早めのお昼にしました。

うつわ茶房KEYAKIというレストランでは企画展に合わせてミッフィーちゃんのお花畑カレーがあるので、子どもに食べさせてあげたいと思っていたんです。
やっぱり、ものすごくカワイイ!

もちろん、子供たちもテンションあがって食べてくれました。

1人1皿は多いんだけど、でもこの可愛さは、1人に1皿用意してあげたいなぁと思ってちょっと贅沢しました。

私は四季彩御膳
私のお皿からはえび、卵、茶碗蒸しは根こそぎ、娘たちのお腹へ…
サザエも食べたかったといっていました、それはもう食べちゃった後だったので、後の祭り。
私は、子どもが残したカレーをいただきました。

料金は全体的にお高めかなという印象ですが、観光地なので仕方ないかな。
モダンでおしゃれなお店ですが、子どもにも親切に接してくれて感じがいい接客でした。

美術館行きのバスを逃してしまったので、徒歩移動。
子連れでも歩ける距離でした。

森や畑の間の道を通っていく感じなので、空気がきれいで気持ちい

途中の側溝?で娘がカニさんを見つけました。
近くに川でもあるんでしょうか。

ベルナール・ビュフェ美術館につきました。
モダンで、お庭も整備されていてニースのシャガール美術館を思い出しました。

美術館に入ると早速ミッフィーちゃんがお迎え。
めちゃ、かわいいです。

子供向けにはこんな冊子も用意してくれていました。
これを使えば、ちょっとはビュフェの絵画もゆっくり見れるかなと思いましたが、
あんまり効果なかったです。
5歳くらいになれば、絵を見る楽しみも分かるかな。

途中で、「うさこちゃん びじゅつかんにいく」の絵本が置いてあったので、絵本を読み聞かせたりして、飽きるまでの時間は少し先延ばしで来たかと思います

第2部の方はディックブルーナ一色なので、子どもはこちらの方が食いつきがよかったですね。
絵本でなじみのあるイラストがいっぱいで、楽しく鑑賞できました

ビュフェ子ども美術館へ

ここは、アートのテイストが入った子どもの遊び場といったところでしょうか。
広々としていてのびのびと遊べます。
美術館の入場料がかかるので、人が多すぎないのもいいですね。

美術館らしく、中に入ると自分が絵画になれる額縁。

ビュフェの絵を使った絵合わせパズルなんかもあります。
ビュフェの絵は子供ウケがあまりよくなくて、うちの子は「こわーい」と言って近づきませんでした。

企画に合わせてディックブルーナ一の絵も飾ってあったり

ブルーナボンボンもあります。
これはかわいいですね。
子どもも喜んで乗っていました。



木工の動物引き出しは面白かったです。
それぞれの動物に合わせた細工があって、ひっぱたり回したりして楽しんでいました。

子供たちはKAPLA組み立て中

風が強すぎて、「電車止まるかも」と不安だったので早めに帰ることにして、駅行きのバスが来るまでTREEHOUSEというカフェでお茶。
木のあたたかみのある内装のある素敵なカフェです。

木のオーナメントには、子どもも興味津々

カフェの窓にもミッフィーちゃんがいました。

ミュージアムショップもおしゃれ。
子供向けのアートの本や、ミッフィーちゃんの絵本も扱っていました。

帰りの電車は鈍行だとけっこう混んでます。
小田原で人が減るまでは、空席ありませんでした。
三島からなら新幹線で移動した方が楽かもしれないですね。