2019年6月16日~23日コスタネオロマンチカ旅行記DAY7

船にいるのも実質最終日、長いような短いような1週間でした。

この日も娘の衣装はお揃い。



子供向けのシャボン玉のイベントがあったので参加しました。
最初はお兄さんが作る大小のシャボン玉芸をみます。
大きいシャボン玉のなかに小さいシャボン玉入れたりとか。
この時子供たちは座っていないといけないんですが、ルールが守れない子が何人かいてちょっとイライラ。
スタッフが何回か注意してましたが、全然言うこと聞かなかった…
船内の託児所はこんな感じなのかな。
うちは娘が嫌がって行かなかったので、預けませんでしたが、他のお友達がこんなだったら預けなくて正解だったかも。
メインイベントのシャボン玉の中に全身すっぽり入れちゃう体験でも、子どもたちが順番に並べないからカオスでした。
ぼんやりしてると、どんどん横入りされちゃうので、親が横でガードにつきました。
おおらかな性格じゃなくてスミマセン。
別にね、待ってりゃ絶対体験できるんだからこんなにキリキリしなくてもいいんですけどね。

娘、シャボン玉の中で固まっておりました(笑)
楽しめたのかな。

午後は上の娘Emmaと2人で船内ツアーに参加。
写真撮影禁止なので写真ゼロですが、とても面白かったです。
操縦室、管理室、クルーが暮らしている部屋、ランドリー室、厨房などをまわりました。

操縦室は白い制服組のクルーが船の操縦をしている所。
欧米系の男性が多かったですが、中華系の女性クルーもいました。
操縦席に座っている姿はきりっとしていて、素敵でした。
マッチョな世界で苦労も多いと思いますが頑張ってほしいな。

操縦室を案内してくれたのは、制服組のジョゼッペさん。
(多分)イタリアのアクセントが残る英語は、日本人には聞きやすい。
ジョゼッペさんが話したあとに、ツアーのガイドが日本語に翻訳してくれますが、内容はだいぶはしょられてる印象です。
操縦室に、ニンニクと唐辛子がぶら下がってたので、どうしてか質問してみました。
「イタリアの迷信」という答えでしたが、たぶん魔除け的な意味かな。
あと、操縦室に聖人の絵が飾ってあるのもお国柄が見えて興味深かったです。

クルーのお部屋はエンターテインメント部門のマネージャーの個室を見せてもらいました。
マネージャーなので普通のクルーよりいいお部屋だということでしたが、それでもかなりシンプルで部屋も狭かったです。
小公女の屋根裏部屋みたいな印象を受けました。
一般のクルーはこれよりもう少し小さめの大きさで2人部屋なのだそうです。
契約は大体3ヶ月だったかな。本当にクルーズ船での仕事が好きな人じゃないとできないと思います。

クルーの休憩室やジムも見学。
休憩室は私たちが使っているバーとは対照的なシンプルなバー。
ここでインターネットも使えるそうですが、クルーもお金を払ってネット接続するんだとか。
ジムはオフィサー以上とダンサーが使用可。
食堂も職能に合わせて、オフィサー以上、ミドルクラス、ロウアークラスと分かれています。
自分のクラスより下のクラスの食堂は利用できるらしく、「ロウアークラスの食堂(とまで、ダイレクトに言ってませんでしたが)は、結構おいしいんですよ。インドカレーとか」ということでした。
オフィサー以上だとお客さんと同じブッフェやバーも使用できるんだとか。
思ってた以上に軍隊的というか、厳しい階級社会でした。

洗濯室は、他のフロアと打って変わって、アジア系有色人種の割合がすごく高かったです。
あまりにも、フロアによって人種が変わるのでショックを受けましたが、これが世界の現実なのでしょう。。。
ランドリー部署で洗濯するのは、クルーズ客の洗濯物で、クルーの洗濯物は自分たちで洗濯するそうです。クルー用に一般家庭にあるような洗濯機が4台置いてありましたが、人数に対して明らかに足りてない。熾烈な争奪戦があるそうです。
しかも、制服は買い取り制だとか。。。ブッラク過ぎる。

最後にレストランの厨房見学。
厨房に入るにはヘッドカバー、シューズカバー、かっぽう着のような衣類カバーの着用が必要で衛生には気をつかっていることがうかがえました。


最後にメインレストランに行き、記念写真とジュース&クッキーのサービスで終了。

たっぷり2時間コースでした。
移動は全部階段なので、ちょっと大変でしたが普段見ることのできないところを見ることができていい経験になりました。

夫と下の娘に再会して、下船説明会に参加。
説明会の内容はざっくりこんな感じでした。
・スーツケースはパッキングしてAM1:00までに部屋の前においておけば、回収して翌日下船後に受け取れる。(翌日の着替えは手荷物に入れること、パジャマ姿で下船する人が毎年必ずいる)
・船内での支払い明細が深夜に届くので、間違えて多く支払うようになっている場合は5:30-7:00に精算会場に行くこと必要、逆に支払額が少ない方の間違いがあった場合は申告不要。
・アンケート調査の依頼
アンケートの結果によって日本でのクルーズが増えたり、減ったりということがあるそうです。
・部屋のミニバーは夕方に鍵を閉めるので、薬の保管等でどうしてもチェックアウトまで冷蔵庫を使う必要がある場合はフロントに連絡して、冷蔵庫チェックをしてもらう必要あり

ミニバーに鍵がかかるなんて初耳でした。

夕方に子供は甚平に着替えて、ビンゴ大会へ。

なぜか夫がやりたがっていたので参加しました。

荷造りの合間の夕食は有料のピッツェリアへ。

子どもと対比させるとますます巨大に見えますね。
ピッツァを頼めばデザートがついてきます。

デザートのティラミス。

食後にデッキに出たらとてもきれいな夕焼けが見れました。

最終日はどうしてもテノールが聞きたかったので夫に子守りをお願いしてカフェのコンサート、バラエティーショーとはしご。
バラエティーショーはエンターテインメントの幕の内弁当みたいなショーで
テノール歌手、マジシャン、ラテンダンサー、クルーズ船の専任ダンサーのショーが一気に見れます。

ダンサーのショーをこの日初めてました。
ダンサーさんは皆さん美男美女でキレキレのダンスを踊ってました
男性のダンサーさんはやたら上半身裸なのはなんででしょうか?
(お客へのサービス?)

投稿者: Marianne

2011年に南仏出身のフランス人と結婚。日本に暮らしています。 2015年に娘Emmaを授かりました。 手探りの育児、バイリンガル、マルチリンガル(?)教育のことや、子連れ旅行、ライフスタイルについて書いています。 片づけが苦手で、「ぱなしのMariannne」と言われている私がシンプルな生活を目指して試行錯誤しています。 2015年にライフオーガナイザーの資格を取得しました。 学んだ知識を生かしてより良い生活を目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。