2019年6月16日~23日コスタネオロマンチカ旅行記DAY1

待ちに待ったクルーズ旅行。
スーツケース2個はあらかじめ宅急便で送っておいたので、荷物は当日の朝まで使う生活必需品などをつめた軽めのキャリーケースと子供グッズを入れたリュック。
晴海ふ頭から出発なので、我が家は大江戸線の勝どき駅からバスに乗っていきました。
私たちは集合時間より1時間くらい前に着くように行ったのですが、晴海ふ頭行きのバスはクルーズ客で結構混んでいました。
みんな大荷物なんで、通路がめちゃ狭いんですよね。。。
最小限の荷物で行ってよかったです。
ふ頭が近づいてくると、クルーズ船が見えてきます。

降りた場所ではもう写真に全体が入らないです~

入り口にスタッフがいるので、スーツケースを預けて、なにやらよくわからない番号札をもらって待機場所へ。


子供たちにはキッズスペースで遊んでもらい、その間に私はふ頭内の見学へ。

こんな日本を感じるスペースもありました。

ふ頭建物内にはWifiもしっかり完備されています。

集合時間の1時間前に着いたというのに、ちょっと一息ついた頃には船内への案内が。
最初にスイートの方や障害をお持ちの方が優先で乗られます。
バルコニーのお部屋は優先2番目でした。
「バルコニーの部屋なんですけど」と係の人に伝えたら、番号札が黄色から緑になりましたよ。

ふ頭に到着して30分も経たないうちに船内に呼ばれました。
まずは、クルーズ船のスタッフによるパスポートと乗船チケットのチェック。
うちの子たちは日本とフランスの2重国籍なので、一応パスポート2つ持っていきましたが、日本のパスポートだけでOKだそうです
ここでパスポートは回収されます。船のルールでそうなっているみたい。
その日の夜にお部屋係の人が、あいさつがてら部屋までパスポートを届けに来てくれました。

受付を通過すると今度は乗船記念の写真撮影
この写真は船内のフォトショップで購入できます。
私はこの日は「移動日」という認識だったので、飛行機に乗るような恰好(楽ちんで動きやすい服装&すっぴんに日焼け止めだけ)だったので、写真は撮ってもらったものの結局買いませんでした。
初日は何かと写真を撮る機会が多いので、写真に残しても後悔がないレベルにしておかないといけないですね。

記念撮影の後は船内での精算や船の出入りのときに使う船内のIDカードともいえるコスタカードに紐づける情報用の顔写真撮影。
上の娘が人見知り発動で、正面を向いた写真が全然撮れず、ここでけっこう時間取られました。
結局、「かろうじて顔半分が写ってる」レベルの写真でOKをもらい、後日神戸下船時に再度撮りなおしてもらいました。
神戸では、船の環境にも慣れたのかすんなり写真を撮られてました

ようやく乗船!

入ったら、ウェルカムドリンクを用意してくれていました。

子供たちは風船をもらって喜んでいました。
お部屋の準備がまだなのでレストランで昼食を取りながら待つことになりました。
8Fの「ボッティチェリ」は入るのに行列だったので10Fのブッフェレストランへ。

こちらはガラガラでした。

レストランからは建築中のマンションが良く見えました。

ブッフェのお料理はこんな感じ。

デザートもちゃんとあります。
この時、有料レストランのプロモーションがありました。
乗船日は父の日だったので”ラ・フィオレンティーナ ステーキハウス”を予約しました。

そうこうしているうちに、お部屋の準備が整ったようなのでお部屋に行きました。

思っていたより広々としたお部屋で安心しました。

子供用には2段ベッドを用意してくれてました。
結局、2段ベッドの上は危ないのでベッドとしては使用せず物置として使いました。
大人のベッドにおいてあるのは、子供用のリストバンドとディナーの時間&テーブルNo.が書いてあるチケット、ニュースレター、船内での身分証明と精算に使うコスタカード、奥にあるのが子供用のライフジャケットです。

こちらが洗面台とトイレ

シャワールーム、シャワーは可動式。
水圧も温度も問題なく使えました。

こちらのキャビネット内にセーフティーボックスがあります。

テレビの受信感度はあまりよくなかったですね。
チャンネルは欧米、アジアなど各国のものがあります。
日本近海を走っているのに日本のものより、フランスの番組の方がよく映ってました(笑)
なぜか、日本近海でFrance24というニュースチャンネルばかり見る羽目に…

乗船初日は緊急時避難訓練に参加しなくてはいけません。
(ちなみに緊急避難訓練は英語で”emergency drill (エマージェンシー ドリル)”  drillは算数や漢字のドリルと一緒ですよ。)
サイレンがなったら、9Fの廊下に集まるようにニュースレターに指示が出ていましたが、それが何時なのかはわかりません。
私たちはとりあえず、スーツケースの荷解きをして待ちました。
荷解きが半分が終わったころに、サイレンが鳴りました。
子供たちにライフジャケットを着せて、自分たちも着用!

子供のライフジャケット姿がかわいくて思わず記念写真を撮っていたら、係の人に部屋のドアをノックされてしまいました。
そのくらい真剣な訓練なんです。多分集合するまでのタイムとかも計ってると思います。
訓練時はエレベーター使用不可で階段を使わなければなりません。
これが、ようやく歩く楽しさを覚えた幼児連れにはかなり過酷で、本人は「歩きたい」と断固抱っこを拒否。
でも、階段はスケルトンだし、子どもは歩くのが遅いので周りに迷惑になってしまうし、親は親でライフジャケットで上半身がもたつくから抱っこも難しい。
結局途中で子供が疲れて「抱っこー」といったので、パパに抱っこしてもらいましたが、腕が短い私だけだったらライフジャケットで抱っこ無理かも…
本当に避難しなきゃいけない事態になったらこれは大変だと実感しました。
9Fの避難場所についてコスタカードをピッとスキャンしてもらいます。
これで、対象者が全員参加したかどうか把握しているようです。
避難者がそろったらライフジャケットの使い方の説明があります。
救助を呼ぶための笛や点滅ライトの位置や使い方を確認。
子どもたちも非日常っぽい雰囲気が楽しいのか、ぐずらずにいてくれましたし、訓練なので乗客の雰囲気も和やかで子どもに話しかけてくださったので、訓練は穏やかに終了しました。

訓練が終わった後はコスタカードにクレジットカードを登録しにいきます。
クレジットカードを登録すると船内はキャッシュレスで過ごすことができます。
登録する機械は5Fのカスタマーサービスフロント前にあり、乗船日は係員が機械の横に立ってサポートしてくれるので乗船日に登録するのがいいと思います。
夫はすんなり登録できましたが、私はエラーが出てしまってカスタマーサービスデスクに行かなくてはなりませんでした。
これがまた、日本語の列は大行列でございましたので、Englishに並べばすぐに対応してもらえます。
旅行英語くらいならできるという方はEnglishに並ぶことをお勧めします。
ちなみに8Fのカジノにもこの機械がありましたので、リピーターの方は8Fの方がすいていていいかもしれないですね。

またお部屋に帰って親は荷解き。
この時、お部屋係の人がパスポートを返しに来てくれました。
ついでにお知らせも。
海が荒れているので、東京出発が予定より3時間遅れの18:00になること、神戸到着が2時間遅れの17:00になるという緊急のお知らせがありました。
旅行前に読んだブログで海の状態により寄港地の変更、スキップや時間の遅れなどがあるとは知っていましたが、やっぱりあるんですね。
神戸で行こうかと考えていたアンパンマンミュージアムはこの変更で行けなくなってしまったので、神戸で何をするか考えないと。
部屋のバルコニーからはお見送りのブラスバンドが見えました。

そうこうしているうちにディナーの時間になりました。
船での最初のディナーは有料レストランのステーキハウス
父の日のお祝いです。
さすが有料レストランだけあって、インテリアもおしゃれだし、味も素晴らしかったです。
子供用にこんな感じのいすも用意してくれました。

コース料理から前菜、メイン&付け合わせ、デザートを選びます。

ちょうど注文を終えた頃に船が出航。
待っている間にちょうど羽田空港の辺りを走っていたので、飛行機の離着陸を窓から見ることができました。

夕焼けの富士山を背景にひっきりなしに飛び立っていく飛行機を眺める時間は贅沢でした。

前菜:海老のグリル レモンバタークリームソース
味付けが繊細
娘にほとんど食べられてしまいました。

私のシーフード料理 サーモングリル ケイパーとアンチョビバター炒め
こちらも美味

夫は+10$のロブスターグリル

アンガス牛のテンダーロインステーキ
ステーキハウスですが、ちょっとお肉が硬かった。
他がパーフェクトだったので余計に残念
付け合わせのフライドポテトはさつまいもでした。
さつまいものフライドポテトって珍しいですよね。
甘味があってとてもおいしかったです。

ホットチョコレートブラウニーとチョコチップアイス
本当にどれもとてもおいしくてボリュームたっぷりで大満足でした。

子どもを寝かしつけたあとは、母のリラックスタイムで9Fのサムサラスパへ。
船室には湯舟がついてないので、スパのタラソテラピーをお風呂代わりに毎日使いました。
スパを案内してもらってから、60分のマッサージ付きのパッケージを購入。
見学した時はわからなかったのですが、スパのプール(?)が結構深かったです。
130cmくらい? 低身長の私はギリギリ顔が出るくらいでした。
そして、船の揺れが水に直接伝わる~。バシャ~~っとけっこう派手に揺れていました。
ジャグジーは威力が強いので、ボタンを押すときは覚悟して押してください。
脱衣所にシャワールームが2室あります。部屋のシャワーより広々と使えるので、私はシャワーもここで済ませて、部屋のシャワーは1度しか使わなかったです。
ここの難点が1つあって団体のおばちゃんグループに遭遇してしまうと、グループでシャワー室を回していくので、待ち時間が半端ないです。
そして、おばちゃんたちの会話、内輪揉めまで全部丸聞こえで、ちょっとテンション落ちました。

シャワーのあとは、スパ内のティールームでハーブティーをいただきます。

セルフサービスですが、スタッフがめったに入ってこないので、1人きりでリラックスして本を読んだり、翌日のプランを考えたりできました。

スパの後はちょっと船内見学で、お御堂へ。
イタリア船だけあって、カトリックのお御堂です。

マリア様の像があるだけでカトリックってすぐわかりますね。

壁にはフランシスコ法王のお写真も

よく船の中で結婚式などという話を耳にしますが、コスタではこのお御堂で結婚式はできません。
理由はカトリックのお御堂だから。
離婚に寛容なプロテスタントと違い、カトリック教会では結婚は神様との約束とみなされており、よほどの理由がない限り離婚は認められません。
なので、結婚するには半年から1年の結婚準備講座を設けており、そこで「このパートナーと一生やっていけるのか」「どちらかが他に好きな人ができてしまったらどうするのか」「家庭内に問題が起きたら?」などいろいろなことを話し合ったりするのです。
なので、船に乗っている旅行期間中にインスタントに結婚ってことはできないんですね~。
このカトリックのお御堂にイタリアの会社の気骨を感じましたよ。

ちょうどお御堂の隣にあるワインバーでピアノ演奏があったので、少し鑑賞して部屋に戻りました。
基本的に船内での演奏は入るのも出るのも自由。1曲だけ聞いて楽しむことができるのが気楽でよかったですよ。

投稿者: Marianne

2011年に南仏出身のフランス人と結婚。日本に暮らしています。 2015年に娘Emmaを授かりました。 手探りの育児、バイリンガル、マルチリンガル(?)教育のことや、子連れ旅行、ライフスタイルについて書いています。 片づけが苦手で、「ぱなしのMariannne」と言われている私がシンプルな生活を目指して試行錯誤しています。 2015年にライフオーガナイザーの資格を取得しました。 学んだ知識を生かしてより良い生活を目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。