出産のご報告


ご無沙汰しております。
ご報告が遅くなりましたが今月第2子Manon(マノン)を無事に出産しました。
我が家の女性は3人とも10月生まれになりました(笑)

9月末が予定日だったのですが、予定日超過となりEmmaと同じ誘発分娩になりました。
Emmaの時は「誘発しても明日生まれるとは限りませんよ」なんて厳しめなことを助産師さんに言われたりしましたが、2人目ともなると「1人目は分娩時間4時間と短かったんですね~、明日はもっと早いかも」なんて言われたりしていました。
2人目って助産師さんの反応もこんなに違うんですね。
前回は痛かったので覚悟していたことが、今回はあまり痛みを感じなかったり、前回は上手にできたことが今回は上手くできなかったり。
あわや、緊急帝王切開かという事態になったり…
出産って1回1回、毎回違うものなんだなとしみじみ感じました。

今回も私は無痛分娩を選択しました。
前回より体重が1キロ程オーバーしてたので、「麻酔の効きが前回より弱くなるかも」と言われたのですが、個人的な感覚としては今回の方が麻酔がよく効いていて、効き過ぎなくらいでした。
今回1番違ったのは、出産中に赤ちゃんの心拍が一時下がったこと。
ちょうどドクターが様子を見に来ていた時にそんな事態になって、ドクターや助産師さんの顔色が変わるので異常事態だとすぐに気づきました。
酸素マスクもつけさせられたし…
体の向きを変えたら心拍も通常の値に戻ったのですが、ドクターからは「今は正常値に戻っているけど、もしまた心拍数が下がったら緊急帝王切開になるかもしれません。お母さんと赤ちゃんが無事に出産することが1番大事なことなので」と言われました。
特に帝王切開に抵抗もないので、「どうぞどうぞ」という感じでお返事しました。
後日分かったのですが、私のせいで非番の助産師さんが呼び出されていたそうで、申し訳ないことをしました。
その後、心拍数はずっと正常なままだったので帝王切開はなくなりましたが。

誘発剤を使ってもなかなか赤ちゃんが下りてこなくて、昼過ぎまで「まだまだ時間がかかりそうだからお昼を食べてきて」と夫をランチに見送った直後に急にお産が進んでしまいました。
40分ほどで3センチから全開になってしまいました。
廊下から助産師さん同士の「分娩にはいります」「嘘でしょ!?」という会話が聞こえてきてしまいました(笑)
夫がランチから帰ってきたときにはもう「いきんでください」という段階になっていて夫もビックリしていました。
結局、今回も陣痛を感じ始めてから4時間程で、出産しました。

今は慣れない2人育児にてんてこ舞いです。
EmmaはManonをとても可愛がってくれていて、お姉さんぶりを発揮しています。
Manonこれからよろしくね!

 

Emma 1歳11ヶ月


おかげさまで、1歳11ヶ月を無事に迎えました。
妹の方は9月末が予定日だったのですが、Emmaと同じく予定日超過でのんびりしています。
身長:83.1センチ
体重:9.7キロ

小さいながらも順調に成長しています。2歳が近づいてきて急に成長したような気がします。

★お友達との遊び方が上手になった
同じような月齢のお友達と集まったときは最初は全員泣いていましたが、慣れたら追いかけっこやお人形遊びなど子供たちだけで遊ぶような場面も出てきました。
お友達とすべり台で遊んだ時も、ぶつからないようにうまくタイミングをはかっていたりして子どもたちなりの世界を楽しむ準備ができているような気がします。

★歌のジャンルが増えて歌詞もバッチリ!
歌える歌が一気に増えました。
・ちょうちょ
・ハッピーバースデー
・かえるのうた
・きらきら星
・トントントンひげじいさん
・グーチョキパーで
などなど
歌詞もどんどん覚えて一緒に歌を歌うのがとても楽しいです。
1度歌いだすと、同じ歌を「もっかい」とリピートしたがるので、私がちょっと飽きてしまうこともありますが…
ハッピーバースデーは「はっぴばでーとぅーゆー ディアMamam♪」となぜか毎回私のお祝いになっています(笑)
日本語のほかにもフラ語でも歌える歌が出てきました。 Bateau sur l’eauはお気に入りです。

★ボンジュールと言えるようになった
これはパパが大喜びでした。
フランスの家族もとても喜んでいます。
日本語同様にフランス語も自然に身についていくといいなぁ。

★数字が数えられるように
1~10まで数字を数えられるようになりました。
子どもの学習能力ってすごいですね。
パパがun deux troisと数えるとそのまま、「しーい、ごー、ろく」と続けます(笑)
フラ語でのカウントはまだ先かな。
最近は、「ちょっと待っててね」というと、1~10まで数えた後で、「もういいかい?」と聞いてきます。
「まぁだだよ」と答えると、また1~10まで数えるという、けっこう律儀な性格?

★恐いという概念を理解した
掃除機の音を怖がっていましたが、泣いていやがるだけでなく「こわい~、こわい~」と伝えてきます。
パパがライオンさんに変身して「ガオ~」と近づくのも「こわい~」
普通のパパに戻ると、恐くなくなるみたい。

★名前と年齢が言えるように
「お名前は?」→「エマ」
「いくつですか?」→「2歳」(指は2本だったり3本だったり)
時々年齢は「さんしゃい」になってしまうこともありますが、それもまたご愛敬

★自分なりの遊び方
今まではレゴで同じ大きさのブロックをひたすら積み重ねていたりしたのですが、色を分けて積み重ねたり、
「傘!」と言って自分なりの傘を作って差し掛けてくれたり、自分なりに工夫して遊ぶようになってきました。
パパがスターウォーズのレゴを作っている時は隣で座ってじーっと観察したりしています。
パズルも3ピース、4ピースのものを自分で組み立てられるようになりました。
動物のパズルをして「キリン」が組み立てられるとほかの動物カードからもキリンをもってきて「一緒!一緒!」とアピールしたり。
自分なりの遊び方を考えているようです。
ちなみにお気に入りのパズルはこれです。

どうぶつぴったり ふわふわパズル (ふわふわトイブック)


どうぶつぴったりふわふわパズル 知育えいごつき (ふわふわトイブック) [ 童公佳 ]

★大きい、小さい、いっぱいなどの概念が分かってきた
夕方に鳥が集団で飛んでいると、「ガーガー、いっぱい」
バッタを見つけて「バッタ、大きい」、空高く飛ぶ飛行機を見つけて「しこーき、小さい」など、
形容詞的表現ができるようになってきました。
いっぱいの概念は1,2、いっぱいという感じで3つ以上だといっぱいになるみたいです。

★色の名前
すべての色が青だったのが、赤、青、黄色、緑は判別して言葉で表せるようになりました。
間違えることもありますが、最近は正解率が上がってきました。してくれる

★お願いするとキスしてくれるようになった
今までは気まぐれなキスだったのですが、最近はお願いするとキスしてくれるようになりました。
パパへのキスは時々「イヤだよ~」と言って逃げてしまいますが、ママへはほぼ100%
時々頼んでなくてもキスしてくれる時もあり、すご~く幸せな気持ちにさせてくれます。

すっかりお姉さんぽくなってきましたが、何かを感じて赤ちゃん返りの傾向もみられます。
膝に抱っこじゃないとご飯を食べてくれなかったり、とにかく抱っこばかり要求されたり。
私の体の一部に常に触れたがっていたり…
ちょっと大変ですが、こうしてEmmaだけにべったりできる蜜月時間が取れるのも今だけと思うので、思う存分甘えてもらって私もベッタリさせてもらっています。