本当は恐ろしいフランスの童謡

Emmaが生まれてからフランスの童謡を一緒に聞くようになりました。
フランスの両親がCD付の本を送ってくれたり、私たちも里帰りしたときにFNACで何枚か見繕ってきました。
聞き流していたときに「おやっ?」と思ってちょっと歌詞をチェック
「これを子どもに聞かせていいの?」と思うような歌が歌があったのでちょっと紹介させてください。

まず1曲目はこちら”IL ÉTAIT UN PETIT NAVIRE”

ノリが良くつい口ずさんでしまうメロディ。
歌詞は、ある船が処女航海に出航するところから始まります。
5.6週間たったころ船の食べ物が底をつきました。
で、誰を食べるかくじ引きします。

えぇ?! 食べ物がなくなったからって、いきなり「仲間を食べちゃおう」って発想になる?いきなりのカニバリズムにビックリ!

くじは一番若い船員に当たり、他の船員は「どんなソースで食べようかな♪フライにしようかな♪」と相談し始めます。

おそろしすぎる~。遭難して死んだ仲間の肉を食べて生きながらえたという話は聞いたことあるけど、
ソースや調理方まで考えちゃうのはもはやハンニバル・レクターやん…

一方かわいそうな若い船員は、マリア様にお祈りし始めます。
すると、奇跡が起こり魚が船に飛び込んできて、みんなはフライにして食べたので、この若者は命が助かったそうな。

マリア様が奇跡を起こしてめでたしめでたし。
って、自分を食べようとしていた同僚たちと今後彼はうまくやっていけるのだろうか。また隙あらば自分を食べようとするんじゃないかと、夜もおちおち眠れないよ。

お次は”À LA CLAIRE FONTAINE”(清らかな泉のほとりで)

こちらはカニバリズムじゃないですよ。
清らかな泉のほとりで、水浴びをしていたら、失恋した恋人を思い出したらしい。
バラの花束をあげなかったのが別れの原因。
またあの人が私を愛してくれたらいいのに
みたいな内容です。だいぶ端折りましたけど。

繰り返し出てくるのが
Il y a longtemps que je t’aime (長い間あなたを愛している)
Jamais je ne t’oublierai (あなたを決して忘れない)
というフレーズ

フランスは童謡まで「アムールの国」だなぁと思います。
まだ物心つく前から、愛だの恋だの聞いてるんだから、臆面もなくJe t’aimeって言えますよ。
この歌は主人公が女性だったり、男性だったり本やCDによって主人公の性が変わります。
主人公は女性かどうか私と夫の間で意見が割れました。
私は主人公は男性派、記念日か何かにバラの花をあげるのを忘れて彼女にキレられてふられたんだろうと容易に想像がつくじゃないですか!
夫は主人公は女性派で、反論するためにネットで色々と調査。その結果面白いことが分かりました。
どうやらバラの花束は処女性の隠喩らしいのです。
要するに「彼に初めてを捧げるのを拒んだら捨てられた」という解釈ができると。
確かに、この説をとると主人公は女性という説が真実味を帯びてきます。
ってか、ちょっと拒んだくらいで去っていくような男なんてこちらから捨ててしまえ、思い出して感傷に浸る価値もないわ!!!とか思ってしまいました。

フランスは国歌も血なまぐさいけど、子どもの歌もなかなかトンでる内容のものがありますよ。
色々調べてみると結構面白いと思います。

日本の童謡はぞうさんのお鼻が長いとか、海は広いとかのどかですね。
童謡にもお国柄が表れるのかもしれません。


Chansons de France (Albums Gautier-Languereau)

フランスの子ども服ブランドについて

何人かのママ友さんから「今度、じーじがフランス出張に行くんだけど、お土産に子供服を頼みたいの。おすすめのお店教えて」的な質問をいただいたので、備忘録もかねてここに記録しておきたいと思います。

個人的な意見ですが、外国の子供服は日本のものに比べて洒落てることが多いような気がします。
大人の服は日本の方がおしゃれなことが多いですが、子供服は素敵!というデザインを見つけるのがけっこう大変。
なので、Emmaの服はプチプラな外資系がほとんど。
フランスの親族からプレゼントでもらうことも多いので、フランスブランドメインで保育園用にはGAP、H&M、ZARAなども使っています。(ZARA babyは銀座店/オンラインのみの取り扱い)

で、今回はフランスの子ども服について

日本でもフランスブランドの子供服ブランドがデパートに入っていますよね。
・アニエスベー アンファン(agnes b. ENFANT)
・タルティーヌエショコラ(Tartine et Chocolat)
・ボンポワン(BONPOINT)
・プチバトー(PETIT BATEAU)

あたりが有名かと思います。
個人的にもアニエスとタルティーヌエショコラは好きなブランド。
日本に入っているブランドでもフランスで買えば値段は日本よりお得なことが多いので、これらのメジャーブランドを狙うのもアリだと思います。
プチバトー以外の上記ブランドはフランスでもちょっと高級ライン。
普通のフランス人は毎日こんな子供服を着せているわけではありません。
そこで、フランス人が子どもに普段着で着せているようなお洋服はどんなところで買っているのか、フランス人のママ友にもヒアリング。リーズナブルでカワイイお店(チェーン店だから地方都市にもある)をご紹介します。

旅行や出張でフランスに行くときに、子供服を買いたい方ぜひチェックしてみてください。

★catimini
Emmaが着ているこのワンピースもcatiminiのもの。(夫のいとこからのプレゼント。)
色使いが大人っぽくて気に入ってます。
コートで隠れちゃって半分くらいしか見えてませんが…
DSC_0252
★DP…am
このワンピはDP…amのものです。里帰り時にプロヴァンス風の柄が気に入って購入
d135884_014
★Sergent Major
クリスマスにもらったSergent Majorのパジャマ
カシュクール風デザインが可愛いです。
(ガニマタな寝相で失礼!)
CM170122-195319001

★cyrillus
子ども服だけでなく大人の服も扱っています。

★Vertbaudet
マタニティーや子供部屋のインテリア用品も充実。
日本だとベルメゾンっぽい雰囲気です。
ネットショッピングしているとうっかりベッドやタンスまで買ってしまいそうになります。

★PETIT BATEAU
言わずと知れた、プチバトー。フランスでもメジャーなお店です。
日本にもたくさんお店がありますが、値段が全然違うのでフランスで買うのおすすめします。日本のセールよりもフランスでプロパーの値段の方が安いです。

【メール便送料無料/1点まで】PETIT BATEAU プチバトー BEBE ベビー チュビックドットプリント前開きロンパース 10816


PETIT BATEAU(プチバトー) ワンピース 80サイズ 女の子

お店の場所はサイトの右上あたりにある”MON MAGASIN”か”MA BOUTIQUE”,”TROUVER UNE BOUTIQUE”などと書いてあるところをクリック 滞在先を入力すればその街にあるお店が出てくると思います。

サイズは 12M なら12ヶ月用 3A なら3歳用です。
Mが月を意味するmoisのM
Aが年を意味するansのAです。
つまり24M=2Aです。

このほかにフランスのスーパーマーケット、モノプリやカルフールも子供服を出していてかわいいデザインのものもあります。
カルフールだとアパレルはTEXというブランドです。
これはTEXのワンピ。
IMG_3393
まぁ、フランスだからどんなデザインでも素敵ってことはないです。
こんなのもありますから(笑)
IMG_2139s-
そのうち「アナ雪のドレスを着たい」とか「プリキュアのTシャツが着たい」とか言われる日が来るのかもしれませんが、親の言うことを聞いてくれるうちは私の趣味で服を選んじゃおうと思っています。

ドクターレーベル ベビーキャリア使用感

やれクリスマスだ正月だとうつつを抜かしているうちに、2回目のレビュー期限を過ぎてしまいました。
関係者の皆様ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

お出かけの際にドクターレーベルのベビーキャリアを使用させていただいて1ヶ月程経ちますが、使用感かなりいいです。
特に前向き抱っこができるのがすごく便利。
クリスマスミサの時、最初はひざに抱っこしていたのですが、途中で飽きてきてグズり出しちゃったんですね。
ドクターレーベルのベビーキャリアで前向き抱っこにしたら視点も高く広くなって楽しくなったらしく終始ご機嫌でした。
祝福もそのまま受けられましたし、聖体拝領に向かう時もベビーの顔が見えているから「Joyeux Noël」(フランス語でメリークリスマスの意味)と見知らぬ方からたくさん声をかけていただきました。
好奇心が旺盛で意識が外に向かうEmmaの場合は、前向き抱っこがすごく向いていると思います。それが、できるようになったのが、とてもうれしいです。

それと、体の負担が少ないことに驚きました。
1時間強のミサでずっと抱っこ、立ったり座ったりしていましたが、腰や肩が痛くなることがなくベビーと一体感があって、体が楽でした、

今後改善していただきたい点を挙げるとすれば以下の3点

・対面抱っこ→前向き抱っこに変更するときが面倒
前向き抱っこにするにはボタンをはずして、ファスナーでパーツを取り外すという作業が必要なのですが、それがちょっと面倒くさい。ベビービョルンオリジナルみたいに、クルンと折り曲げてボタンで留めるだけとかの方が楽でいいなと思います。

・赤ちゃんのウエストのあたりに補助ベルトが欲しい
やっぱり補助ベルトなしでのおんぶが私には厳しかった。。。
足~腰の部分を軽く固定してくれるベルトがついていると、安心感が全然違うと思います。不要な人もいると思うので、アクセサリーで追加販売とかでもいいかも。

・首のあたりに留め具が来るとちょっと痛い
留め具が金属製なので、丈夫なのはすごく良いのですが、背中に手が回らないのでかなり上に留め具を持ってこないと留められない私のような人だと、子どもの重さで金具が首の後ろにあたることがあります。時々痛くなってしまうので、クッションみたいなものがあるともっと良いなと思いました。

総じて母子ともに体の負担が少なく、アダプターなしで1ヶ月から使えて、すごくいい抱っこひもだと思いました。子どもが抱っこの必要がなくなるまで1本の抱っこひもで通したい方にはおススメです。

今回、モニターの機会をいただきまして本当にありがとうございました。

ドクターレーベルのファンサイトファンサイト参加中

dr.label(ドクターレーベル)

プロヴァンスのガトー・デ・ロワ

フランスでは1/6の公現祭の日にガレット・デ・ロワを食べます。
というか、クリスマスが終わると一気にガレット・デ・ロワに移行しますね。
年末年始の家族の集まりが多いので、夫の実家では2週間で5台くらい消費しています。
最近は日本でもガレット・デ・ロワが浸透しつつありますね。
パン屋さんなどでよく見かけます。
dsc_0681
日本で浸透しているのはこんなパイ生地タイプですね。

そんなガレット・デ・ロワ、プロヴァンス地方では、ガトー・デ・ロワ (gâteau des rois)またはブリオッシュ・デ・ロワと名前も見た目も変わります。
ロワール川より、北か南かがパイ生地かブリオッシュかが分かれるポイントらしいです。
日本のお雑煮みたいなものかしら。地方によって味噌だったり、丸餅だったり違いがありますよね。
南仏出身のダビデくんにとってはプリオッシュのガトー・デ・ロワこそが公現祭のお菓子。
ブリオッシュタイプを恋しがっているので、一念発起
ダビデくんのためにブリオッシュのガトー・デ・ロワを作りました!
img_9808
ブリオッシュタイプのは、菓子パンみたいで私には(甘さが)物足りないのですが、夫は「コレ!コレ!!」と喜んでくれました。

ケーキをEmmaに食べさせるのはまだ抵抗があるけれど、ブリオッシュならEmmaも食べられます。
作り方のパイ生地をこねるよりはるかに楽なので今後はガレット・デ・ロワは買って、ブリオッシュは自宅で作るようにしようかなと思っています。

そういえば、エリゼ宮のガレット・デ・ロワにはフェーヴが入っていないそうですよ。
フェーヴを引き当てた当てた人は一日限りの国王や王妃になることができるのですが、フランスは共和国。
国民から選ばれた大統領を元首としているため、大統領が「国王」や「王妃」を任命することができないからフェーヴは「なし」なのだそう。
フランスが共和政をいかに大切に考えているかよくわかるエピソードだと思います。