14 juillet 2020の思い出~パリ祭~

昨日はフランスの革命記念日でしたね~。
我が家もネット中継をテレビに映して、一家で見物してました。

新型コロナの関係で、今年はパレードも短いし一般は無観客で、お偉いさんもソーシャルディスタンスとってました。

今年の14 juilletが違ったのは、医療関係者がパレードに参加した点。
大変な時期に、現場で頑張られた医療関係者には、感謝したいという気持ちの表れだと思います。

素敵でしょ~!ただ立ってるだけなのにヒーロー感出てる。
アベンジャーズみたい。

パレードに参加されたのはごくごく一部の方ですが、こういうカタチで感謝を表すのもいいなぁと思いました。
フランス国民でもないくせに、フランス国旗をみんなで開いていくシーンでは胸が熱くなっちゃったりして…


看護師さんへのボーナスなしとか言ってるどっかの大学病院とは大違いだ!
(そういう、フランスも医療従事者に一律で手当てを出すとか言って、なかなか支給されないとか。
最初のお手当が180ユーロだったかで、「それじゃ少ない、300くれ!」とかもめてるみたいですけどね)

私の邪道なパレードの楽しみ方はイケメン探し。
制服着てると、どんな人も3割増しっていうのが私の持論で(笑)


でも、迷彩系より紺ブレ系が好き。
何人かいい感じの人がいたので、Manonに「どの人がかっこいい?」って画面を指さして聞いたら、
Manonは左横の夫を見つめ「パパ💛」と答えてました
どんだけ~~~~!!!

ともあれ、夏の風物詩を家族で楽しめてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。