フランス人との間に赤ちゃんが生まれたら~faire-partとニューボーンフォトについて 後悔とリベンジ~

これ、Manonが生まれてすぐに書こうと思ってすっかり忘れていたので、いまさらですが書きます。

まずfaire-partというのはフランス語で「お知らせ」という意味です。

★引越ししました
★お誕生日会を開きます
★結婚しました
★子どもが生まれました

日本でもお知らせのハガキを出したりしますよね。
うちは2人とも10月生まれなので日本の知り合いなどには年賀状に記載して済ませちゃいました。

フランスでは生まれてから1ヶ月くらい以内にこのfaire-part naissance(「子どもがうまれました」のお知らせ)を送るのが一般的です。

実は第1子Emmaのfaire-partで私は今でもものすごーく後悔しています。
初めての子育てで疲れ果てていた私は写真もカードのフォーマットも夫におまかせにしちゃいました。
結果、とんでもないものが仕上がってきた。。。
写真は暗いし、デザインもイマイチ。
なにせfaire-part naissanceなんて見るのは初めてなので、「もっとカワイイのはないんだろうか、日本まで送ってくれる会社はこんなもんなんだろうか」ってモヤモヤしながら発送しました。

その後出産した日仏ファミリーから届いたfaire-part naissanceは、写真もカードのデザインもとても素敵だったの。
早速、ママ友にカードをオーダーした会社を教えてもらって「2人目出産のときはリベンジするぞ~」と心に秘めていました。

で、2人目出産。
写真は思いきってニューボーンフォトをお願いしました。
出産って予定日は決まっているものの、予定通りにはいかないこともあるのでニューボーンフォトは予約の数をある程度絞っているようです。
なので、かなり余裕を持って予定日の半年くらい前から予約しちゃいました。(せっかちなんです。)

私が予約したのはこちらです。→

会社の同期もこちらにお願いして「よかったよ~」との口コミだったので、お値段ちょっとお高めでしたが「安心感」を優先させました。
というのも、ニューボーンフォトって産後14日くらいまでの間に撮った写真をいうので、家まで撮影にきていただかないといけないんです~。なので、安心・信頼がとても大切。
実際、お願いしてみてとてもよかったです。
我が家に来たスタッフは全員女性で、衣装も小物もたくさん用意してくれているので、こちらでは特に用意しなくても大丈夫なくらいでした。
私は、指輪を使った写真を撮りたかったので指輪はスタンバイしておきました。
会社の同期はお花を多めに用意しておいたと言っていました。
写真も海外のサイトで見るようなオシャレな仕上がり。
家族写真や姉妹フォト、休憩時間にEmmaだけの写真も撮ってくれて、私は頼んでよかったなぁと思います。
出産のサポートのために来てくれていたフランスの両親との家族写真も残せて大満足でした。


で、カードのデザインもママ友に教えてもらったサイトで選んでパールっぽい加工もしてもらっていい感じのfaire-part naissanceが出来上がりました。
使ったサイトはこちらです→


今回はとてもHAPPYな気持ちでカードを送ることができました
日仏国際結婚のプレママさんのお役に立てば幸いです♪

投稿者: Marianne

2011年に南仏出身のフランス人と結婚。日本に暮らしています。 2015年に娘Emmaを授かりました。 手探りの育児、バイリンガル、マルチリンガル(?)教育のことや、子連れ旅行、ライフスタイルについて書いています。 片づけが苦手で、「ぱなしのMariannne」と言われている私がシンプルな生活を目指して試行錯誤しています。 2015年にライフオーガナイザーの資格を取得しました。 学んだ知識を生かしてより良い生活を目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。