ガレット・デ・ロワとライシテ


ちょっと(だいぶ?)前の話になりますが、1月6日はエピファニー(公現祭)でした。
お正月になると「そろそろガレット」とソワソワするフランス人(笑)
子どもたちも王冠をかぶるのを楽しみにしているイベントです。
ガレット・デ・ロワにばかり目が行ってしまいますが、エピファニーはキリスト教にルーツを持つイベントです。
ベツレヘムを訪れた東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出された<エピファネイア(現れ)>の日。



そう、あの「黄金・乳香・没薬など~♪」を持ってきた東方の博士です。(ミッションスクール出身者はわかる?)
フランスの公立学校にはライシテの原則があるので、お給食でガレット・デ・ロワが出たりするのかしら?とちょっと心配してたのですが、ちゃんとお給食のデザートに出てました。

フランスのライシテ(laicite)は、一言で言えば政教分離なんですが、現代フランスが抱える問題を考える上で、フランス人と話す際にこのライシテの考えを理解することは非常に大切です。
このライシテに基づいて2004年に「フランスの公立学校ではこれみよがしな宗教的標章の着用」を禁止する法律が制定され、2010年には、フランスのあらゆる公共空間において、「ニカブ」(目と手以外の全身を覆う)や「ブルカ」(さらに目も格子状のベールで被う)の着用を禁じる法律も制定されました。
(これも、本当にモメましたねぇ)
ニュースになる判例はムスリムの宗教的標章ばかりですが、当然シスターのベールやデカデカとしたクロスのネックレスなどもNGです。
(サンポール駅の近くにいらっしゃるユダヤ教徒の方などは市役所、区役所に行くときどうするのかしら~と個人的に心配してます。

こんな背景があるので、ガレット・デ・ロワが出るのか心配してたわけです。
世俗に染み付いた宗教的イベント(クリスマス、エピファニー、マルディグラ等)はOKみたいですね。
フランスのライシテはちょっとキリスト教贔屓じゃない?という疑念も抱きつつ、子どもたちはガレット食べられてよかったねというお話しでした。

娘が好きなガレットの絵本
Roule Galette (Les Albums du Père Castor)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。